風邪を引いた!と思ったら発汗を促す飲み物を

mother905.jpg
民間療法は、異変を感じたらすぐ実行!タイミングが大事ですよ。
それでも「風邪、引いたな」と思う事態になったら、初期なら民間療法でおさめられることも少なくありません。代表的なのはショウガをすり下ろしてお湯をさしたショウガ湯、それから番茶に梅干しをつぶしたものとお醤油を入れた「梅醤番茶」です。いずれも発汗を促す作用があります。

くしゃみ、鼻は耳鼻科に行くのもいい

お産の最中の風邪症状でつらいのはくしゃみ、鼻水が意外と多いものです。こうした症状は耳鼻科の受診が効果的です。物理的な治療によって楽になります。

薬を飲むときは漢方薬という手段もある

発熱してくると薬の必要性を感じるようになってくるでしょう。赤ちゃんの器官ができあがっている時期なら薬の影響に神経質にならなくていいと考えることもできますが、それで「できるなら飲みたくない」と感じる妊婦さんは多いものです。そのときは、漢方医の先生にかかり、漢方薬を飲むこともできます。実は、産婦人科の先生に行っても漢方薬が出たり、何も薬が出なかったりするケースがあります。

                     イラスト 平井さくら
■関連ページ

芯から暖まる昔ながらのあたたまり方
湯たんぽ、ぬか袋など身体に優しい自然な暖まり方が、今注目されています。助産師さんに上手な使い方を教えてもらいましょう。

プロに聞く手荒いの基本
正しい手の洗い方、ご存じですか?

妊娠中のインフルエンザ予防注射
インフルエンザについて予防注射や抗ウイルス薬についてはこちらへ。


All About 「出産医療・産院選び」産院情報 東京杉並区・ファン助産院
お話しいただいた杉山冨士子さんの営むファン助産院を紹介しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。