ホームメイドクッキング/おもてなし料理関連情報

豆腐の味噌漬けのレシピ!チーズのような味わいをお手軽に

お酒のつまみやサラダに最高! 今回は普段とは違った豆腐の楽しみ方、手作りの珍味、豆腐の味噌漬けレシピです。豆腐の楽しみが又ひとつ増えました。しっとりとして、まるでチーズのような味わいをぜひお楽しみください。

黒田 民子

執筆者:黒田 民子

ホームメイドクッキングガイド

豆腐の味噌漬けのレシピ!チーズのような味わいをお手軽に

カテゴリー:サブのおかず漬物

豆腐の味噌漬けのレシピ

豆腐は、夏はやっこ、寒い季節は湯豆腐、そして揚げたり、焼いたり、中華風にも和風にもいろんなお惣菜に大活躍してくれる食材です。今回は普段とは違った豆腐の楽しみ方「豆腐の味噌漬」をご紹介。しっとりとして、まるでチーズのような味わいをぜひお楽しみください。
 

チーズのような豆腐の味噌漬けの材料(4人分)

チーズのような豆腐の味噌漬けの材料
木綿豆腐1丁
赤だし味噌200g
味噌米こうじ味噌200g
大葉3枚
海苔焼海苔1/2枚

チーズのような豆腐の味噌漬けの作り方・手順

チーズのような豆腐の味噌漬けの作り方

1水気を切る。

キッチンペーパーで豆腐を包みお皿などを使って重石を30分ほどかけて水気を切ります。(重石は500~800g)
キッチンペーパーで豆腐を包みお皿などを使って重石を30分ほどかけて水気を切ります。(重石は500~800g)

2合わせ味噌をつくる。

ボウルに2種類の味噌をよく混ぜ、合わせ味噌をつくります。(赤味噌はやや辛口、白味噌は甘めです。また八丁味噌はコクがあります。お好みでブレンドしてください)
ボウルに2種類の味噌をよく混ぜ、合わせ味噌をつくります。(赤味噌はやや辛口、白味噌は甘めです。また八丁味噌はコクがあります。お好みでブレンドしてください)

3容器に味噌を敷き詰め、豆腐を置き、残りの味噌をのせる。

容器に1/3の味噌を敷き詰め、ガーゼで包んだ水切りした豆腐を置き、上から残りの味噌をかぶせるようにのせます。
容器に1/3の味噌を敷き詰め、ガーゼで包んだ水切りした豆腐を置き、上から残りの味噌をかぶせるようにのせます。

4冷蔵庫で1日~2日ほど漬け込む。

最後にガーゼで覆い蓋をして冷蔵庫で1日~2日ほど漬け込みます。(漬け込む時間は長いほど味が濃くなりますが、4日~5日程度で引き上げてください)
最後にガーゼで覆い蓋をして冷蔵庫で1日~2日ほど漬け込みます。(漬け込む時間は長いほど味が濃くなりますが、4日~5日程度で引き上げてください)

5完成。

味噌漬けの豆腐はまるでチーズのようなしっとりとした味わいに漬かっています。
味噌漬けの豆腐はまるでチーズのようなしっとりとした味わいに漬かっています。

6大葉で包んだり、焼海苔を帯にしてお皿に盛りつけ。

1cm幅に切り分けて大葉で包んだり、焼海苔を帯にしてお皿に盛り付けてお召し上がりください。
1cm幅に切り分けて大葉で包んだり、焼海苔を帯にしてお皿に盛り付けてお召し上がりください。

7豆腐の味噌漬けのサラダ。

水菜、タマネギ、大葉、トマトと、細かく切った豆腐の味噌漬けのサラダは、さっぱりとしたドレッシングでどうぞ。
水菜、タマネギ、大葉、トマトと、細かく切った豆腐の味噌漬けのサラダは、さっぱりとしたドレッシングでどうぞ。

ガイドのワンポイントアドバイス

木綿豆腐の水切りは何度かキッチンペーパーを取り替えてしっかりと水気を切ってください。合わせ味噌はお好みで赤味噌を多くしたり白味噌を多くしたりといろいろアレンジしてお好みの味を見つけてください。味噌床は3回程繰り返し使えます。また味噌汁、味噌炒めなどに使って無駄なく使い切ります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます