特集 何も考えたくない日の裏ワザ 自慢の“手抜きレシピ”教えます! 毎日献立を考えて、食事の支度をするのって、結構面倒なもの。隣のミセスたちは、一体どんな料理を作っているのかしら? 時間がなくても簡単にできる手抜きアイデア、もらっちゃお! Text:Reika Kondo Illustration:Rieko Tada

茹でる、和える、焼く!ポイントは“手抜きに見せない”こと

Q.手抜き料理のレパートリーはありますか? はい:78.3% いいえ:21.7% ※ミセス読者アンケートより

夫や子供に「今日の夕飯何がいい?」と聞いても「なんでもいい」という答えが返ってくる日には……(怒!)。やっぱりミセスは頭を悩ませて献立を考え、食事の準備をしなくちゃいけないのですよね。

そこで、あまり普段の日は力を入れずに、適度に見た目がよくて、ボリュームがある“手抜きレシピ”が活躍します。

読者のアイデアを見てみると、決して手抜きとは思えないようなお料理がたくさん!自分のレパートリーって意外と手持ちが少ないから、隣のミセスのアイデア、さっそく真似しちゃいましょう!

メインディッシュ編 | サイドメニュー編 | おつまみ編

見た目豪華にキメたい! メインディッシュ編

時間がないときも手軽にできちゃう“家庭の味”

  • 『もやしと豚肉のレンジ蒸し』。洗ったもやしと豚ばら肉を交互に重ねて、塩・コショウ、上から水で溶いた中華スープの素を流しかけてレンジでチン♪ 中華スープなしで、ポン酢で食べても美味しいです。(30代 専業主婦)
  • 『キャベツと豚肉の炒め物』。学生時代から2つの材料でパパッと作れる私の大好物レシピ。子供にも大好評で、どうしてもメニューが浮かばない時の裏技として君臨。(40代 パート・アルバイト)
  • なぜか夫からは好評価の1品(ラッキー)! 揚げ物はしたくないけど、『鶏唐揚げもどき』を食べたい時、胸肉を薄くそぎ切りにして、からあげ粉をまぶして、フライパンで少し多めの油で焼くだけ。短時間でできるし、後片付けも簡単。(30代 専業主婦)

レシピをもっと見る

閉じる

  • 『煮込みハンバーグ』。冷蔵庫にすぐできるものがあれば便利ですよね。ハンバーグを焼いて小分けに冷凍。凍ったままのハンバーグを市販のデミグラスソースに入れて、玉ねぎやブロッコリーなどのある野菜をいれて煮込みます。お弁当にも美味しいですよ。(40代 専業主婦)
  • 『ポトフ』。キャベツとソーセージ、ジャガイモにんじんを切ってコンソメで煮る。20分もすればできちゃいます。いろいろ入っていてバランスもよいので喜ばれます。(40代 その他)
  • 『もつキムチ鍋』。モツは生姜と茹でることで、臭みと余分な油を除く。インスタントの和風だしでスープを作り、下茹でしたモツと白菜キムチを投入。にら、きのこ類を好みで入れ、ごま油をお好みで入れて味を調えたらできあがり。(40代 契約社員)
  • 豚肉を焼いてケチャップとソースで炒めるだけで美味しい『ポークチャップ』のできあがり。(50代 パート・アルバイト)
  • 『手羽の煮込み』。圧力鍋に手羽と大根、生姜、ネギを入れる。しょうゆ、酒、砂糖で味付け、加圧するだけ。(40代 会社員)

おもてなしでも見劣りしない“肉・魚料理”

  • 『照り焼きチキン』。チキンにコーンスターチをまぶして表面を焼き、砂糖・しょうゆ・みりん酒を混ぜた調味料で味をつけるだけ。30分少々でできるし、どなたからも喜ばれます。(30代 会社員)
  • 『魚の野菜あんかけ』。魚に塩・コショウをして、片栗粉をまぶしてフライパンで焼く。適当な野菜を炒めてあんかけを作り、魚にかけるだけ。豪華に見えて好評。(60代 専業主婦)
  • 『白身魚のレンジ蒸し』。魚に野菜を彩りよくのせ、つゆの素をかけて蒸し煮。ヘルシーで美味しいので来客の時は評判が良い。(50代 専業主婦)
  • 普通の『豚肉野菜炒め』に、梅肉とだし醤油を入れるだけで、ぐっと上品なおもてなし料理になりますよ。(30代 公務員)
  • 『手羽先の塩焼き』。手羽先に塩コショウして、IHのグリルで15分焼いたらできあがり。皮がパリっと焼けて、余分な油は落ちてヘルシーで喜ばれます。(40代 会社員)
  • 『鶏ムネ肉のパン粉焼』。肉をフライパンで両面焼いた後、ケチャップと粒マスタードを混ぜたものを表面に塗ってパン粉を散らし、グリルで軽く焼く。妹が来た時に出したら好評で、作り方を教えてと言われた。妹の方がだんぜん料理上手なので、うちの姉妹間では珍しい。(30代 専業主婦)
  • 『牛肉の生クリーム炒め』。牛肉に塩コショウを振り小麦粉をまぶして炒め、生クリームとマッシュルームを入れて、ブイヨンと塩コショウで味を整える。炒めたたまねぎを入れてもOK。ご馳走に見えるんだヮ、一見。お友達に教えて、生クリーム嫌いの子も食べたと好評でした。(50代 会社員)
  • 『ローストビーフ』。作り置きもできるし、おもてなしにぴったりです。牛かたまり肉(ローストビーフ用)を常温に戻し、たっぷりのお湯で中火で11分茹でるだけ。熱々のうちにすり下ろしたにんにくと醤油をあわせたものに、肉全体にからむよう、途中、箸でころがしながら漬けます(30代 専業主婦)

寿司・パスタ・カレーetc…子供も喜ぶ“王道レシピ”

  • 『貧乏海苔巻き』。マグロのフレークの缶詰と海苔、および炊きたての白米で太巻きを作り、切らずに丸かじり。とても美味しいです!(40代 自営業・自由業)
  • 『コーンポタージュでパスタ』。即席のコーンポタージュスープの粉末を「牛乳+お湯」で濃い目に作って味見。塩、あら挽き黒胡椒を適当に入れ、あとはアスパラ、ベーコン等残り物で見栄えよく! これをパスタに絡めるだけ。「コンポタカルボナーラ」できあがりです。ジャンクっぽく作ったわりに旨くて好評でした。(20代 専業主婦)
  • 『焼き餅チーズカレー』。あまり料理をしたくないけれど、しっかりとしたものを食べたい時に。切り餅をグラタン皿にのせて少し柔らかくなる程度に(1分ほど)レンジでチン。その上に、レトルトカレーととろけるチーズをかけてオーブンで焼くだけ。見た目はなかなか豪華に見えるし、お腹もいっぱいになります。洗い物もグラタン皿1枚だけで、とてもラクチン!(30代 専業主婦)
  • 『サラダずし』。プチトマトは半分に切る、レタスは小さくちぎる、きゅうりはスライスまたはサイコロに切る、たまねぎはスライス。ご飯に好みのドレッシングと共に混ぜる。炒り卵・ゴマ・パセリ・チーズ・ハムなども、混ぜたり、あしらったり。華やかに見えます。(30代 専業主婦)
  • 切り干し大根、ひじきの煮物などがいつまでも余っている時は、酢飯に混ぜて『即席ちらし寿司』にします。見栄えも豪華で喜ばれました(笑)。(30代 その他)
  • 『トマトとシーチキンの混ぜるだけパスタ』。材料はみな常備できるものなので、仕事でドッと疲れた夜やご飯を炊き忘れていた!という時に重宝。パスタを茹でるお湯でトマトを湯むきしてカット後、シーチキン・オリーブオイル・しょうゆで和えるだけ。仕上げに削りかつおをふりかけて頂きますが、激ウマで、だんなさんの好物。(30代 契約社員)
  • 『ポテトグラタン風』。冷凍のフライドポテトをグラタン皿に入れ、マヨネーズに牛乳を少し混ぜあわせたものを上からかけて、オーブントースターで焦げ目がつくぐらいに焼く。ツナがあればツナを入れたたり、コーンを入れたり、ハーブを散らしてもOKです。上からかけるソースにはカレー粉を混ぜても良いし、もちろんチーズもOK。子供は大好きです。(40代 パート・アルバイト)
  • 『じゃがベーコンチーズのせ』。じゃがいもは、皮ごとキッチンペーパーを水で濡らして包み、更にラップしてレンジ5分→熱いうちに皮をむき、輪切りにして皿に並べ(お好みで少し塩をどうぞ)、ベーコンを散らし、ピザ用チーズをのせ、更にレンジで2分弱。簡単で家族みんな大好きです♪(30代 専業主婦)