特集 ジュエリー、ディナー、サプライズetc. うれしい? がっかり? 夫からのXmasプレゼント ジングルベルの音が聴こえるとそわそわしてくるのは、子どもやカップルだけではありません。心はやるのはミセスだって同じ。今回は夫からもらったクリスマスプレゼントの思い出を聞いてみました! Text : Reika Kondo Illustration : Rieko Tada

結婚前はガゼン張り切ってくれた夫、今現在は……?

Q.思い出に残る夫からのプレゼントは? ある:67% ない:33% ※ミセス読者アンケートより

クリスマスプレゼントの思い出をのぞいてみると、圧倒的に多いのが結婚前のエピソード。男性の方も女性をモノにするまでに惜しみなく、お金を使っている姿が浮き彫りになりました(笑)。

しかし、釣った魚に……なのか、「結婚前は買ってくれたけど今は…。(40代 会社員)」「毎年、必ずもらえますが、最近は、自分で買う形なので、以前のようなサプライズがないのが、少し残念。(40代 パート・アルバイト)」と愚痴もちらほら。

財布をしっかり握られているだけに、旦那さま側もサプライズどころじゃないかも!?

アクセサリー編手料理編告白編ディナー編
変り種編がっかり編

女心をくすぐるのはこれ! アクセサリー&ジュエリー
  • 普段から何もしない彼から結婚の前に一度だけ買ってもらった指輪なので。(30代 会社員)
  • 初めてのクリスマスにハート型のパールのペンダントをもらった。とても綺麗な彼のタイプの女友達と選んだと聞いて複雑な気分になった。(40代 会社員)
  • 去年のクリスマスにもらったエルメスの髪飾り。一人でお店にいって選んでくれたその行為に感激しました。
  • 周囲の話を聞いて、無難にアクセサリーにしようと思ったらしく、私と一緒にお店に行きました。私に2つ候補を選ばせたあと、支払いの時、店の外に出るように言うので外で待っていました。夜プレゼントを開いてみると、候補のうち高い方の指輪と、彼の家の合鍵が…!店員さんに頼んで、合鍵も一緒に包んでもらったらしいです。正直指輪よりも、合鍵をくれるという信頼の方がうれしかったかな。ちなみに指輪は、今も愛用しています(1万円くらいのものですけど)。(30代 専業主婦)
  • 初めてもらったピアス。(30代 自営業・自由業)
  • お付き合いしてから初めてのクリスマスにて、素敵なブレスレットを。これをどうやって選んだんだろうと思うと、もうそれだけで胸が熱くなりました。結婚後、あれは彼のお姉さんのセレクトだったことが分かった時はちと、ショックでしたけど。(30代 専業主婦)
  • 欲しいものしか貰ってないけど、付き合うと決まる前にジュエリーコーナーへ行ってしまい、指輪っていかにも、という感じだったのでネックレスを買ってもらったこと。(30代 会社員)
  • 夫の提案で結婚5年目のクリスマスに記念のリングをペアでお互いプレゼントしあったこと。後で聞いたら結婚後太りすぎて結婚指輪が入らなくなり、代わりのものがほしかったということでした(笑)(30代 自営業・自由業)
チャレンジする姿に感動! 夫の手料理&ケーキ
  • 毎年何かしらプレゼントはくれます。がんばってケーキを作ってくれたときは感動した。(30代 専業主婦)
  • それまでは私がケーキを焼いていたが、スポンジに凝った主人が初めて焼いてくれた。(40代 パート・アルバイト)
  • プレゼントの記憶がない。美味しい手料理を作ってくれるのがプレゼントかな。(30代 専業主婦)
  • 高価なものではありませんが、手作りディナー。去年のイヴは私が仕事で夫が休みでした。結婚した年のイヴに私がつくったパエリアに挑戦してくれて嬉しかったです。味は私のほうが美味しかったけど(笑)。(20代 契約社員)
思いがけないサプライズ! プロポーズ&愛の告白
  • ずばり、クリスマスに入籍届けを出そうと言ってくれたこと。(30代 専業主婦)
  • 「付き合ってください」という言葉。(30代 専業主婦)
  • クリスマスプレゼントと言うにはちょっと早かったけれども、今の夫にプロポーズを頂いた事。 その前から結婚計画が進んでいたので、この大きな区切りは今でも忘れません♪(20代 専業主婦)
  • 結婚前、私がダンナのことが大好きで追いかける恋をしているとき。ダンナはいつも素気なかったんだけどクリスマスに体調を崩したのでお見舞いに行き、家に帰って「着いたよー」と電話をすると「愛してる」って。そこから正式に付き合いだしました~。若かりし日の忘れられないプレゼントです(笑)(30代 契約社員)
  • プレゼント→プロポーズ。5年間、遠距離恋愛をしていた彼が神戸の高級ホテルを予約してくれて一泊しました。綺麗な夜景を眺めながら食事をした後、メッセージの書かれた絵葉書の入った封筒を一通ずつ順番に渡されました。3通目に婚姻届が入っていて、プロポーズだとわかり、とても感激したのですが…。プロポーズ後、なぜか彼からの連絡が途絶えてしまいました。

    何が起きているのか理解できないまま、彼に連絡をし続け、ようやく話ができたとき問い詰めてみると「本当にお前でいいのかあれからずっと悩んでいた」と考え込んでいたらしく、あげくに「しばらく距離をおいて欲しい」といわれてしまいました。 私にしてみたら「プロポーズする前に悩めよ!」という思いもありましたが、連絡が取れなかった間に変な開き直りもあり、距離をおくことに同意しました。それから2ヶ月ほどして、連絡が来て、その彼が今の夫になる、という運びになりましたが、後にも先にもこれほど印象に残るクリスマスプレゼントはなかったなあ、としみじみ思います。(30代 専業主婦)