一度乗った舟からは下りられない!

お受験
お受験は舟のようなもの
子どもにお金をかけようと思えば、いくらでもかけることができます。そこで、身の丈にあわない育児をしたがために、家計が破綻してしまう人もいます。

特に「お受験」を軽く考えていると、大変なことになります。お受験しなければならないような私立幼稚園に入れば、その後も私立小学校、私立中学校……と当たり前に続くことになってしまいます。学費は、高いところでは、年間100万円以上が普通。なかには200万円近いところもあります。小学校から大学まで、毎年、その多額の学費を必ず払い続け、そのほかにおつきあいのためのお金や、制服やクラブ活動などの費用、習い事、塾……などなど、お金をつぎ込んでいけば、いくらあっても足りません。

それでも、一度私立に入ってしまえば、途中から公立に行くには、相当な勇気がいるもの。途中で公立にすることになれば、せっかく受験して受かった子どもの心も傷つけることになってしまいます。

つまり、「お受験」は舟のようなもの。一度乗った舟からは、ちょっとやそっとのことでは下りられない!ということなのです。

「ほかの人が受験しているから」と流されて受験に走ったり、「お友だちが持っているから」と高価な育児用品を買うことなく、あくまでも自分の身の丈にあった育児をしたいもの。母親が心穏やかに子どもに接するには、そんなことも大切なんですよ。

【関連リンク】
お受験戦争を勝ち抜く予算は?(All About マネー)
お受験する前に考えて欲しいです お受験の落とし穴(All About 子供の受験)
知っておきたい英才教育やお稽古事のお金(All About 子育てにかかるお金)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。