ママ友との共通点は「子ども」だけ!

子ども

ママ友は子どもの友だちのママ

日本では、女性は結婚して家庭に入ってしまうと新しい友人と出会う機会がとても少なくなります。そんな中、数少ないけれどもできるのが、子育てを通してできるママ友です。

幼稚園に入ると、そんな関係の人が一気に増えるので、まるで高校に入学したばかりのころの、友だちが急にたくさんできる時期のワクワクする気分に戻ってしまうのかもしれません。

でも、冷静に考えてみれば「ママ友」は、自分が選んで作った「自分の友だち」ではない、ということにも気付くはずです。ママ友は、あくまでも子ども同士が偶然に同じ場所に関わることになったことで出会っただけの仲間。幼稚園のママ友なら、ただ親が同じ幼稚園を選んだというつながりだけ。自分たち同士が友だちになったのではなく、「子ども同士が園で楽しく生活をするために、ママたちも仲良くしましょうね」という程度の考え方におさえておきましょう。

もちろん、そこから長くつきあえるお友だちが見つかることだってあります。でも、苦しくなるようではいいお付き合いではありません。一歩引いて、「大人」としての上手なお付き合いの仕方を考えてみませんか?


>> ドラマより怖い!? いまどきのママ友トラブル
>> ママ友の作り方、トラブル対処法など、ママ友付き合いについてはこちら





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。