ママ友との共通点は「子ども」だけ!

子ども

ママ友は子どもの友だちのママ

日本では、女性は結婚して家庭に入ってしまうと新しい友人と出会う機会がとても少なくなります。そんな中、数少ないけれどもできるのが、子育てを通してできるママ友です。

幼稚園に入ると、そんな関係の人が一気に増えるので、まるで高校に入学したばかりのころの、友だちが急にたくさんできる時期のワクワクする気分に戻ってしまうのかもしれません。

でも、冷静に考えてみれば「ママ友」は、自分が選んで作った「自分の友だち」ではない、ということにも気付くはずです。ママ友は、あくまでも子ども同士が偶然に同じ場所に関わることになったことで出会っただけの仲間。幼稚園のママ友なら、ただ親が同じ幼稚園を選んだというつながりだけ。自分たち同士が友だちになったのではなく、「子ども同士が園で楽しく生活をするために、ママたちも仲良くしましょうね」という程度の考え方におさえておきましょう。

もちろん、そこから長くつきあえるお友だちが見つかることだってあります。でも、苦しくなるようではいいお付き合いではありません。一歩引いて、「大人」としての上手なお付き合いの仕方を考えてみませんか?


>> ドラマより怖い!? いまどきのママ友トラブル
>> ママ友の作り方、トラブル対処法など、ママ友付き合いについてはこちら



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。