「シュタイナー教育の理念を学ぶ」では、シュタイナーの教育理念について学びましたが、今回は、具体的な教育方法について学びたいと思います。

シュタイナー教育の特徴

●子どもは周囲の大人を模倣して育つ

幼児期の子どもは、目の前で起こっていることをすべて受け入れ、模倣し、吸収していく。大人は、常に子どもに見られているという意識を持って、生活しなければならない。

●静かで安心できる環境が子どもの心を育てる

・大きな音を立てたり、大声で叫んだりすると、子どもは興奮し、心が安らがない。子どもが安心できるよう、静かな環境を作る。

・シュタイナーの園では、子どもが安心する淡いピンク色のカーテンなど、ピンクを基調とし、先生も、ピンク色のエプロンやスカートを身につけているところが多い。

・木製の積み木やシルク、綿などで作られたお人形など、自然素材のおもちゃを与える。

●規則正しい生活のリズム

1年、1ヶ月、1週間、1日の生活のリズムが子どもの成長に大きく影響する。毎日の生活のリズムを繰り返す中で、子どもの心は安定し、集中力が高まり、落ち着いて集団行動ができるようになる。

シュタイナー教育の遊び

■水彩画(にじみ絵)
水で濡らした画用紙に
赤・青・黄の3原色の絵の具を落とす
絵具は、赤、青、黄色の3原色を使う。画用紙を水で十分濡らし、そこに色を落とす「にじみ絵」という描き方が大きな特徴。

色と色が重なり合い、無限に新たな色彩が広がっていく。自由に色を表現することで、子どもの感性を高める。


■みつろう粘土
STOCKMAR みつろう粘土 6色セット
みつろうで作られた天然素材であるため、子どもが口に入れても安心で、固いのが特徴。固い蜜ろう粘土を手の中で温めで、やわらかくしてから、形作る。


■みつろうクレヨン
みつろう クレヨン <シュトックマー・スティック8>
みつろうで作られたクレヨンなので、口に入れても安全。描いているうちにみつろうの甘い香りがする。

*みつろう・・ミツバチの巣から採取される天然ワックス