牛乳パックでクリスマスブーツの作り方

牛乳パックでクリスマスブーツの作り方

もうすぐ楽しいクリスマス!今年のクリスマス会では、牛乳パックを使ってクリスマスブーツを作ってみませんか。

今回は、針と糸を使って、ソーイングにも挑戦してみましょう。そして、そのブーツの中にお菓子を入れると、子どもたちは大喜びですね。

では、作り方をご紹介しましょう。
 

牛乳パックでクリスマスブーツの作り方

■材料
・牛乳パック2個
・フエルト(赤40cm×40cm・白、緑各20cm×20cm)
・金色のモール・クリスマス柄の布・リボン
・スパングル星型15mm
・クリスマスツリーのオーナメントなど

 

■作り方
(1)牛乳パックを図のようにカットする。

1つは下から20cmのところでまっすぐにカットする。1つは16cmと9cmで斜めにカットする。

 

(2)牛乳パック2つを図のように組み合わせる。

 

(3)フエルトを牛乳パックの形に合わせて、中に折りこむ部分も考えてカットする。

広告などの柔らかい紙を牛乳パックに合わせながら、型紙を作ると、フエルトをカットしやすいです。

 

(4)フエルトを木工用ボンドで貼り付ける。

内側に折り込む際、突っ張る場合は、角に切り込みを入れる。

 

(5)金色のモールで星型など好きな形を作り、フエルトに貼り付ける。

ボンドを付けなくても、モールがフエルトにくっつくので、自由に移動でき、デザインのイメージが作りやすいです。

 

(6)金色モールのイメージが固まれば、ボンドで固定する。

スパングル星型(写真のキラキラ星)もボンドで貼り付ける。クリスマスのオーナメントを利用し、ベルやリボンも付ける。

 

ここで、第一段階の完成ですが、さらにソーイングにも挑戦してみましょう。
 

クリスマスブーツ ソーイングにも挑戦

ブーツの口に付ける巾着を作ります。針を使いますので、大人の指導の下、十分に注意して行ってください。「針を持ったまま歩かない」、「針の先をお友達の方に向けない」「針を使っているお友達の周りで暴れない」「針の先を自分の顔に向けない」など、注意する点を子どもにきちんと伝えてください。

(7)布を15cm×30cmにカットする。

 

(8)30cmの1辺を、3cmの二つ折りにして、並み縫いする。(三つ折りは縫いにくいので、二つ折りにしましたが、三つ折りでも、もちろんかまいません)

 

(9)中表にし、15cmの2つの辺を合わせ、端から1.5cmを並み縫いする。リボンを通す部分は縫わないで残す。

 

(10)表返し、リボンを通す。底の抜けた巾着袋の出来上がり。

 

(11)ブーツの口の内側に(10)をボンドで貼り付けて、出来上がり。

 

今回はブーツの飾りに、手芸用品売り場にあったスパングル星型(写真のキラキラ星)を使いましたが、カラーホイルの折り紙や、クリスマスのオーナメントなどを貼り付けても楽しいです。

また、針と糸も使いましたが、直線の並み縫いですから、小さなお子さんでも簡単にできます。針の取り扱いに十分注意して、ぜひ、挑戦してみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。