暑くなってきました。というより梅雨真っ直中。ジメジメした毎日が続いていますね。そこで、「夏に過ごしやすい住宅」をテーマに2回に分けて記事を書いてみたいと思います。今回はまず内側のこと、建物のことを中心にどんな工夫があるのか、昔の住宅と今の住宅の工夫に触れながらご紹介します。

自然の風を室内に取り込むことが大前提

夏に快適に過ごす住宅のコツは、第一に自然の風を室内に取り込むこと。エアコンに頼りすぎない生活を目指したいものだ

夏に快適に過ごす住宅のコツは、第一に自然の風を室内に取り込むこと。エアコンに頼りすぎない生活を目指したいものだ

まず、「夏に過ごしやすい住宅」ということについてですが、大きく二つの考え方があると考えられます。一つは自然の風を住宅内に取り込むこと。もう一つはそれにより過度にできるだけ冷房に頼らないようにするということです。

様々な工夫により、ある程度の効果が期待されますが、どうしても暑いときは過ごしづらいもの。特に、都市部においてはヒートアイランド現象が頻発しており、完全にエアコンに頼らないというのは難しいと考えた方がよさそう。そうした前提で、今回の記事を読んでいただきたいと思います。

都市部においてはヒートアイランド現象のみならず、近隣との関係、例えば騒音やプライバシー、防犯の問題など快適に暮らすために数々のハードルがあります。「外とのつながりを大切にする」などと簡単にいいますが、現実には難しいケースの方が多く、このような提案ができるハウスメーカーというのはそう多いわけではありません。

夏に快適=ハウスメーカー選びの大切なポイント

ですから、「夏に快適に過ごせる住宅」ということは、「良い住まいづくり」に深くかかわること。ハウスメーカーの選び方にも強く関係しますから、しっかりとポイントを押さえたいものです。

まず、私が「これはいいな」と思っている住宅アイテムを紹介しましょう。それは防犯性と通風に配慮したシャッター。シャッターは一般的に防犯性を考慮して取り入れられるのですが、それは夜間には防犯上、必ず閉めなければならないということです。

そうすると、夏の暑い時期には外の涼しい風を建物内部に取り込めなくなりますから、必然的にエアコンに頼らなくてはいけません。こうなると、いくら風と通しよい間取りの建物でも意味がなくなります。
防犯性と通気性に配慮したシャッターの事例。これなら夜も安心して窓を開けて眠ることができる

防犯性と通気性に配慮したシャッターの事例。これなら夜も安心して窓を開けて眠ることができる

で、最近は上の写真のようにシャッターの羽の部分が開閉するものも開発されていて、私は「これは実にいい」と感心しているのです。では、次のページで昔の住宅の「夏に快適に過ごせる」工夫を紹介し、現代の住宅のトレンドもみていきたいと思います。