イタリアで買いたいおすすめのお土産

italia-omiyaghe2

イタリアらしいデザイン性の高いキッチン雑貨も人気の定番土産

「イタリアでお土産買うなら何がおススメ?」とは、よく聞かれる質問です。できればイタリアでしか買えないもの、本場ならではのものを買いたいですよね。会社のみんなや家族や友達、そして自分にも!イタリア土産で人気や定番、お土産アイデアをご紹介します。

<目次>
  1. イタリアの味をお持ち帰り!おすすめの調味料や食品
  2. みんなに配りたい!人気のお菓子やチョコレート
  3. 職人技が光る!イタリアの代表的なハンドクラフト
 

オリーブオイルや食材、チーズ……イタリアの味をお持ち帰り!

italia-omiyaghe1

本場のイタリア食材を見たら、やっぱりお土産にしたくなる!

いつも美味しいイタリア料理。本場の味をお持ち帰りできるものなら、してみたい。本場の食材を使って自宅で再現料理にチャレンジしたり、ホームパーティで披露したり。帰国後の楽しみ方も広がります。

食材店やスーパーマーケット、エノテカや市場など、現地の人が行くお店で見つけたいご当地食材。比較的日持ちのする代表的な食材やお持ち帰り方法のコツをご参考に!
 

1.本場のオリーブオイル

italia-omiyaghe3

本場ならではの極上オリーブオイルは、お料理好きやグルメな方へ!

日本の食卓にも必需品となりつつあるオリーブオイルは、イタリア料理の味の決め手にもなる大切な基本調味料。イタリア各地で見つかります。こだわりの生産者が丁寧に造るエクストラ・ヴァージン・オイルを体験すれば、目からウロコ。味の決め手になる意味を実感することができるはず。
 
イタリアで栽培されるオリーブの品種はさまざま。単一、ブレンド、辛口、マイルド、フルーティなど風味のバリエーションも豊富です。

各地の食材店(アリメンターリ)やスーパーマーケット、ワインショップなどで極上ご当地オイルを購入できるものですが、特に年末頃から並び始める新油、“ノヴェッロ”は要チェック。冬の旅行なら、ノヴェッロ購入のチャンスをお見逃しなく!
 
スーツケースに梱包する際は、瓶・缶入り共に、まずはビニール袋に入れてから(キャップ付近から漏れる可能性もあり)。ビニールカバー後、さらに汚れてもOKなTシャツや衣類でしっかり包み、スーツケースの中でガタガタ動かないように、また、ほかの硬いものとぶつからないようにしっかり収めるのが運搬のコツです。
 

2.イタリア産チーズ

italia-omiyaghe4

ハードタイプのチーズなら、意外とお持ち帰りやすい?!

イタリア全国で作られるチーズは、400種類以上。牛乳チーズはもちろん、羊、山羊、スパイスを加えたり、ブドウの葉で熟成させたり……多種多様な素材と方法で作るチーズを楽しむことができます。

リコッタチーズやモッツァレッラチーズなどのフレッシュタイプや、タレッジョなどのソフトタイプは、保管方法に気を使う必要があるためお持ち帰りには向きませんが、パルミッジャーノ・レッジャーノや熟成したペコリーノチーズなどハードタイプは、真空パックにすれば、比較的気楽にお持ち帰りができます。

日本では高級なパルミッジャーノ・レッジャーノも、本場のパルマ以外の街でも日本より安価に購入きるから、贅沢に”塊”で購入してみては?真空パックをスーツケースの空きスペースにぐいぐい収めて、多少崩れても粉チーズになるだけだから問題なしです(笑)。

>>>「真空パックにして!」はイタリア語でどう?
お買い物に便利なフレーズがいっぱい。
お買い物のイタリア語
 

3.イタリア産ワイン

italia-omiyaghe5

貴重な一本やお気に入りに出会ったら…スーツケースにパッキングして

もはやありとあらゆるワイナリー産のワインが日本で手に入る昨今ですが、品揃え豊富な現地のエノテカを訪れたり、ワイナリーツアーに参加して、希少なワインに巡り合う機会も多々あります。日本未輸入のワインやお気に入りを見つけたら、お持ち帰りにしてみましょう。

専用のパッキングケースもありますが、衣類など柔らかいものでぐるぐる巻いて、スーツケースの隙間にしっかり収めればOK(絶対ではありませんので要注意)。特に、首の部分と底に負担や衝撃が加わらないにパッキングするのがコツです。

また、無事に持ち帰ったのちもすぐには開栓せず、最低でも3週間から1ヶ月程度はゆっくりと休ませると風味が安定すると言われています。ちなみに免税の範囲は、1本750mlの場合1人3本まで。4本目からは、課税対象。入国時に申請する必要があります。

>>>憧れのバローロ・バルバレスコのワイナリーを日帰りでめぐる人気ツアー
 

4.バルサミコ酢やコーヒーなどその他のおすすめ食品

italia-omiyaghe6

イタリア名産の食材お土産は鉄板!トリュフ塩は自分用にも買いたくなる

そのほか、お持ち帰りしやすくイタリアらしい人気の食材には、モデナのバルサミコ酢、乾燥フンギ・ポルチーニ、ドライトマト、トリュフペースト、エスプレッソ用のコーヒー、リモンチェッロやグラッパなどなどなど。形の可愛いもしくは珍しいパスタも、スーツケースの重量に余裕があるならオススメです。

※要注意!生ハム・サラミはNG!
生ハムやサラミもイタリアの美味しいもの。ぜひとも持って帰りたいものですが……、これにはちょっとご注意を。

日本へ持ち込む場合は、輸出国(イタリア)政府機関発行の検査証明書が必要になります。なければ、楽しみにして持ち帰っても空港で没収される(涙)なんて、悲しい目に合うことも。無理なチャレンジはせず、サラミや生ハムはイタリアで十分に堪能して帰るのが賢明でしょう。
 

配れるお土産 定番はやっぱりお菓子?

みんなに配りたい! 配布用におススメ土産は…
 

5.チョコレート

italia-omiyaghe7

スーパーマーケットでも空港でも買える人気チョコレートのバーチ

イタリアの配り系お菓子としてよく知られる「BACI(バーチ)」。イタリアのチョコレートが有名な街のひとつ、中部イタリアのペルージャ発のチョコレート。ひとつひとつが銀紙に包まれているので、配りやすい定番チョコとして人気があります。
 
また、もうひとつチョコレートで知られる街トリノ発のジャンドゥイア(メーカーは、カファレルなど)も、イタリアらしくまた、配りやすいお土産のひとつです。どちらもイタリア各地、空港でも見つかる入手しやすく配りやすいお土産チョコレートの代表です。
 

6.各地の伝統菓子

italia-omiyaghe8

ノッチョーレ(ヘーゼルナッツ)やアーモンド、ピスタチオなどナッツ系の焼き菓子も伝統菓子でよく使われる。日持ちしやすく美味しく、お土産にも最適

郷土色が色濃く残るイタリアには、各地に伝統菓子があります。訪れる先のお菓子屋さん(パスティッチェリア)や食材店で伝統菓子を入手するのもオススメです。マロングラッセ(ミラノ)やトロンチーニ(ピエモンテ)、カントゥッチ(フィレンツェ)、スフォリアテッラやパスティエラ・ナポレターナ(ナポリ)など。
 
また、クリスマスシーズンなら、パンドーロやパネットーネもオススメ!ただし、かなりかさばるので手荷物でお持ち帰りする方が無難です。

>>>参考記事
イタリアのXmas菓子「パンドーロ」の食べ方
シチリアのクリスマス菓子「ブッチェッラーティ」とは
宇宙まで飛んだ! シチリア名店の極上パネットーネ 
 

7.リクイリッツィア・キャンディー

イタリア お土産 おすすめ リコリスキャンディー

リクイリッツィア(リコリス・甘草)キャンディー

ちょっと変わったところで、「リクイリッツィア」もイタリアらしいといえばイタリアらしいかもしれません。日本語では甘草、リコリスのこと。イタリアでは「喉にいい」と言われ、イタリアでは老若男女に親しまれている昔からあるキャンディーです。イタリア人はよくしゃべるから……ノド飴が必須なのかもしれません!?
 
真っ黒で衝撃的な見た目と薬っぽい謎の味。タバッキでも空港でも、どこでも見つかります。
 

8.スーパーマーケット系食材

スーパーマーケットは、お土産天国。キッチュで安価で、意外に美味しい食材が揃っています。

クノールやスターなど有名メーカーのインスタント「リゾット」は、密かな人気。「フンギ・ポルチーニ」「アッラ・ミラネーゼ」「トリュフ」など、軽くてかさばらないので、いろいろな種類を買って好きなのを選んでもらうのも楽しい!

スーパーマーケットは行くだけでも、イタリアの普段の暮らしが見られて面白いものです。「へーこんなものもあるんだ」と探検しながら気の利いたお土産(しかも安い)を探してみるのはおススメです。

>>>参考記事
イタリアのスーパーで買えるお土産 ばらまき用にも
イタリアのスーパー探検!買い物方法&おすすめお土産
 

イタリア職人芸が光る! 本場の工芸品 

italia-omiyaghe14

伝統職人さんが作る逸品をお土産に!

イタリアは、ハンドクラフト職人が活躍する国。マーブル紙を使った雑貨、一点ものの陶器などなど、アルティジャーノ(職人)の伝統技が光る雑貨や小物などが、イタリア各地で見つかります。本物の良さが香る逸品を家族や恋人、友達……大切な人へのお土産に。また、自分だけのお気に入りを旅の記念にするのもオススメです。
 

9.ベネチアンガラス

イタリア お土産 おすすめ ベネチアンガラス

美しいベネチアンガラス

言わずと知れたベネチアの美しい伝統工芸品。花瓶やグラス、写真立ての置き物など、一生の宝物にしたい意匠もあれば、ビーズやアクセサリーなど日常使いできる雑貨なども。新作からアンティークまで、作風や年代もさまざま。値段もさまざま。一生ものを探すなら、ある程度の予算が必要です。

ベネチアに行くなら、工房に併設されたショップをめぐって、お気に入りの逸品を探すのも楽しい。ベネチア湾に浮かぶ本場中の本場ムラーノ島にも、見学や体験をさせてくれる工房があります。


10.皮革製品

イタリア お土産 革製品

一点物の職人グッズは、自分用のお土産にも

皮革製品も、イタリアの工芸品としてよく知られるもののひとつ。その品質と職人技術の高さ、またイタリアンカラーとも言える美しい色が特徴です。特に、古くからなめし技術が伝わり発展してきたトスカーナ地方やフィレンツェが有名で、伝統を受け継ぐ工房が多くあることで知られていますが、そのほかの街でも、カラフルな皮を使った、イタリアらしいお洒落な皮小物が見つかります。
 
工房を併設した小さなお店で、職人オリジナルの一点ものに出会ったら、旅の記念にするのもオツですね。
 

11.陶器 

italia-omiyaghe15

各街、各工房で趣が異なるマヨリカ焼き

中世時代にシチリアで生まれたマヨリカ焼き陶器。その技術がじょじょにイタリア全土に伝わり、イタリア各地で発展。シチリア島のカルタジローネやパレルモ、サント・ステファノ・ディ・カマストラをはじめ、アマルフィ近郊のヴィエトリ・スル・マーレやウンブリア地方のオルヴィエートやトスカーナ地方のファエンツァ、リグリア地方のサヴォーナなど、各地に名産地があります。
 
各地方の特徴に加え、工房や職人による作風もそれぞれに異なるマヨリカ陶器。華やかさと素朴さが同居したデザインの陶器は、イタリアの空気感をそのままお持ち帰りするようです。普段使いできそうな食器や雑貨、置き物など、手頃な値段から見つかります。
 

12.ハンドメイドの衣類や衣料雑貨

イタリア お土産 おすすめ シャツ ハンドメイド

イタリアのサルトリアが作るオーダーメイドシャツ

イタリア紳士ご愛用のサルトリア(仕立て屋)で作ったオーダーメイド。究極の自分土産です。スーツまでは、手間も時間もかかるので旅行中にオーダーするのは少々難しいですが、シャツなら比較的気軽にオーダーできるでしょう。1着100ユーロ程度から、だいたい1週間~1カ月程度で完成。自宅のへの郵送も可能です。
 
オリジナルネクタイを置くサルトリアもあります。サルトリア御用達のためのネクタイは、デザインも仕立ても極上……。ブランド物も良いですが、そんなネクタイもレア。お洒落なこだわり派へのプレゼントに良さそうです。

また、職人が作るサンダルや帽子など、手作りの良さが感じられる品もイタリアらしい旅土産。街歩きの際に、のぞいてみては?
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。