パリのヨーロッパ料理レストラン

ヨーロッパ
ファッション関係者にも人気のローズベーカリー

フランスはヨーロッパの中心だけあり、首都パリでは近隣諸国の料理が充実しています。同じヨーロッパといえども、料理のバリエーションは豊富。フランス料理との違いを比べながら食べるのも、面白いかもしれません。

ヨーロッパ1 イギリス料理 ローズベーカリー

ローズ
素材が生かされたナチュラルな味
モンマルトルの麓のマルティーユ通りに1号店をオープンして以来、おしゃれな若者に人気のローズベーカリー。イギリス人オーナーの作るパンやケーキは、ビオ(無農薬・有機栽培)の材料を使ったナチュラルな味が感じられる逸品です。

タルトとサラダのワンプレートが13.5ユーロとやや高めですが、美味しさは保証つき。全体的に素材を生かした控えめな味付けで、タルトはカリっと焼き上げた生地が香ばしく、しつこくない良質のバターを使っているのがわかります。

クリームチーズののったキャロットケーキ(4.5ユーロ)はここの看板商品。ニンジンとナッツの絶妙な風味をぜひ味わってみて下さい。

<DATA>
■Rose Bakery(ローズ・ベーカリー)
住所:46, rue des Martyrs 75009 Paris
TEL:01 42 82 12 80
アクセス:Notre Dame de Lorette(メトロ12)から徒歩5分
他パリ市内に1店舗

 

ヨーロッパ2 イタリア料理 フュシア

フュシア
アツアツのラザニアはお店の大人気料理
マレやオペラなどに7店舗を構える人気イタリアンチェーン、フュシアは、グリーンのひさしとダークウッドのテーブルが目印。チェーンといえど侮る事なかれ。おしゃれな大人が集まる落ち着いた雰囲気の中で、本格イタリアンが味わえるのです。

おすすめは、多くのお客さんがオーダーしているラザニア(13.5ユーロ)。トマトやパルメザンチーズがトッピングされたサラダとアツアツのラザニアがワンプレートで出てきます。粉チーズをたっぷりとかけトロリと溶けたら、牛肉たっぷりのラザニアとともに頂く瞬間は、幸せ~な気分になります。

<DATA>
Fuxia(フュシア)
住所:25, rue des Martyrs 75009 Paris
TEL:01 48 78 93 25
アクセス:Notre Dame de Lorette(メトロ12)から徒歩3分
他パリ市内に6店舗

 

ヨーロッパ3 スペイン料理 レ・ヴォワザン

タパス

気軽で美味しいタパスバー

スペインとはお隣同士なのに、スペイン料理のレストランや気軽に行けるタパスバーが少ないというフランス。たまにあってもとても高かったり、逆に安くてもあまり美味しくなかったり……と、パリではスペイン料理を期待することができませんでした。

しかし、サンマルタン運河近くに、ここレ・ヴォワザンがオープンして以来、パリにも本場のタパスが食べられるようになりました。周辺は雰囲気の良いワインバーやカフェも集まり、夜になると適度に賑やかになります。

生ハムやトルティーヤなどのタパスの定番が揃った2人分プレートは、13.8ユーロ。ビールやサングリアとともに、ちょっとつまみながら飲みたい、なんていう時に最高のタパスバーです。

<DATA>
■Les Voisins(レ・ヴォワザン)
住所:27, rue Yves Toudic 75010 Paris
TEL:01 42 49 36 58
アクセス:Jaques Bonsergent(メトロ5)から徒歩3分