観光もお買い物も楽しめる! パリのパッサージュ散歩

ヴィヴィエンヌ

パリで一番美しいパッサージュ、ギャルリー・ヴィヴィエンヌ

小径の間にガラスの屋根がついたパッサージュ(アーケード)は、建物の中にいるような外にいるような不思議な空間。屋根であったり、灯されている電灯、そして床のタイルまで、パリには雰囲気もデザインもそこにあるお店も全く異なる特色を持つパッサージュが点在しています。お気に入りのパッサージュを見つけに、出かけてみましょう!

骨董ギャラリーが並ぶギャルリー・ヴェロ・ドダ

ヴェロ・ドダ

厳粛な雰囲気のギャルリー・ヴェロ・ドダ

ルーブル美術館からほど近いパッサージュ。アンティークを扱う古美術商のギャラリーが主に入っていて、装飾も含め由緒正しい厳粛な雰囲気が漂います。出口付近には日本でも大人気のアバンギャルドな靴ブランド、クリスチャン・ルブタンがあり、ここだけガラリと空気が違うのがまた楽しい。

<DATA>
■Galerie Véro Dodat
住所:Galerie Véro Dodat 75001 Paris
アクセス:Louvre-Rivoli(メトロ1)、Palais Royal Musée du Louvre(メトロ1、7)それぞれより徒歩2分

センスの良い雑貨店が集まるパッサージュ・デュ・グラン・セーフ

グランセーフ

一番ショッピングが楽しみなパッサージュ

エティエンヌ・マルセルというモードな地区にあり、パリで一番ファッショナブルでシックなパッサージュ。センスの良いインテリア雑貨やアクセサリー店が並び、手芸店や花屋、エピスリー(食料品店)も軒を連ね、ウインドーショッピングにも最適。お店の入れ替わりが激しいので、いつ行っても新鮮な発見ができるパッサージュです。

<DATA>
■Passage du Grand Cerf
住所:Passage du Grand Cerf 75002 Paris
アクセス:Etienne Marcel(メトロ4)より徒歩1分

パリ一美しいアーケード、ギャルリー・ヴィヴィエンヌ

ヴィヴィエンヌ

サロンドテ、ア・プリオリ・テはマダムに人気

パリで一番美しいといわれているパッサージュ。クリスマスから年明けにかけての期間はイルミネーションが施され、ため息がでそうなほどの美しさ。マダム向けのブティックが多く、ユキ・トリイやゴルチエなどの有名ブランドも入っています。日本人にも人気のワイン専門店ル・グランやハイソなサロン・ド・テ、ア・プリオリ・テもあり、ちょっとリッチな気分を味わいたい時におすすめ。

<DATA>
■Galerie Vivienne
住所:Galerie Vivienne 75002 Paris
アクセス:Pyramides(メトロ7、14)より徒歩3分

革命時代にタイムトリップ、クール・デュ・コメルス・サンタンドレ

オデオン

おとぎ話に出てきそうなパッサージュ

オデオン駅前からすぐにある、重要な歴史を持つパッサージュ。ここの一角にあるレストラン「ル・プロコープ」は、フランス革命の首謀者ロベスピエールなどが集まって会談した場所としても知られており、レストランの隣は小さな博物館になっています。家庭的な雰囲気のサロンドテ「ル・ジャコバン」はケーキや食事が美味しいと評判。最近では新しいショコラティエ「アン・ディマンシュ・ア・パリ」がオープンして話題に。

<DATA>
■Cour du Commerce Saint André
住所:Commerce cours st André 75006 Paris
アクセス:Odeon(メトロ4、10)より徒歩0分

パリ一賑やかなパッサージュ・ジュフロワ

ジュフロワ

北半分は知的なギャラリー街に

右岸にある賑やかなパッサージュ。有名な蝋人形館「クレヴァン」や、有名パティスリーのサロンドテ「ル・バランタン」、カントリーテイストの雑貨店「ル・コントワー・ドゥ・ファミーユ」などバラエティに富んでいます。中間地点を過ぎると、一転してギャラリー一色の知的な雰囲気のパッサージュに。その中には映画専門店もあり、インテリ風のシネフィル(映画ファン)でいつも賑わっています。

<DATA>
■Passage Jouffroy
住所:Passage Jouffroy 75009 Paris
アクセス:Grand Boulevardsより徒歩1分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。