女性のパリ一人旅にもおすすめ
日本人女性専用のゲストハウス

メゾンオランジュ

シンプルで清潔なサロン

パリで暮らすように過ごしたいなら、断然アパルトマン滞在がベスト。でも、アパルトマンは時にホテルより高くついたり、比較的安い個人間貸しだとちょっと不安……。そんな人には、ゲストハウス滞在をオススメします。今回ご紹介するゲストハウスは、ドミトリー(相部屋)形式で同時に同室4人まで泊まれますが、なんと日本人女性専用なので安心! ホテルと違い、朝食はつかず、エアコンは暖房のみ、バス・トイレ共用というシンプルな構成ですが、その分宿泊費を抑えたいという人にもおすすめ。

メゾンオランジュ

TVやインターネットなど必要な設備も完備

一人旅でパリに来たものの、ちょっと寂しい、他の日本人と情報交換がしたい、一緒にレストランに行く相手が欲しい……などなど、一人旅ならではの不安点があったりしますよね。でもゲストハウスなら、もし同時期に泊まっている人と気があったら、一緒に出かけたり、一人旅同士ならではのお得な情報が得られたりすることも。これは、ホテルやアパルトマン滞在では不可能ですね。もちろん、知らない人との宿泊はちょっと……という場合は部屋を貸しきっての滞在も可能です。

 

メゾンオランジュ

4名収容のベッドルーム

ゲストハウスは、左岸のモンパルナス駅から歩いて10分ほどの完成な住宅街にあります。空港からのエールフランスバスもモンパルナス駅直通なのでアクセスはとても便利。しかもモンパルナス駅は、フランスの東の地方に行くターミナル駅となっているので、ブルターニュ地方やボルドー、バスク地方にTGVで行く場合はここから出発できます。

周辺にはスーパーはもちろん、商店街もあるので、バゲットやチーズ屋さん、お惣菜屋も充実しています。

メゾンオランジュ

長期滞在にキッチンは欠かせない

インターネット、TV、そして洗濯機も共用で完備。生活に必要なものは全て揃っているので、パリ生活における不安もありません。日本の固定電話への通話も無料なので、日本との連絡も密にできます。オーナーの白波瀬さんは笑顔が素敵な優しい日本人女性で、何かあってもすぐに対応してくれるので安心です。

白波瀬さんは、日本人旅行者の応援をしたくて、このゲストハウスをはじめたそうです。宿泊費を安く提供することによって、他にやりたいことに予算をかけ、パリを存分に楽しんでほしいのだとか。

今なら東日本大震災の被災者の方を対象に、35日間の無料宿泊提供キャンペーンが実施中です。被災された方で、パリに住んでみたいと考えているならば、これを機に思い切って来仏されてみてはいかがでしょうか。

ただし、こちらのゲストハウスは共用スペースになるサロンと寝室が1つというこじんまりとしたタイプなので興味がある人は早めの問い合わせを!

<DATA>
Maison Orange
住所:パリ15区
TEL:06 17 80 23 11
E-mail:parislife.information@gmail.com
料金:1人1泊29ユーロ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。