一人でも気軽に入れるワインバー

ワインバー

バロン・ルージュのシャルキュトリー(豚肉加工品)盛り合わせ

2010年に「フランスの美食術」がユネスコ無形文化遺産に登録されたフランスでは、ワインもその一部として考えられています。魚料理やチーズとなら白ワイン、肉料理とならやっぱり赤ワインと、料理と一緒に楽しむのがワインの醍醐味。今回は、ワイン好きなら絶対行きたい、おつまみも美味しいパリのワインバーを6軒ご紹介します。カウンターのある所も多く、一人でも気軽に入れますよ。

バロン・ルージュ

ワインバー

ずらりと並んだワインリスト

ワイン好きなら知らない人はいない、パリの老舗ワインバーです。バスティーユ広場から数分歩いた所にある、安くて有名なアリーグル市場のすぐ近くに位置しています。カウンターでキビキビ働くベテランのウェイターさんたちは、見ているだけでも気持ち良く、賑やかな雰囲気の中地元パリジャンに混じってワインを楽しむことができます。

奥にテーブル席がありますが、数が少なくすぐ満席になってしまうので、ここはカウンターや樽で立ち飲みが基本。チーズやシャルキュトリーなど、ボリュームたっぷりで美味しいおつまみが自慢で、ワインが一層すすみます。一人で来ている常連さんも多いので、ふらっと一人で立ち寄れますよ。

<DATA>
■Baron Rouge
住所:1 rue Théophile Roussel 75012 Paris
電話:
営業時間:10:00~14:00、17:00~22:00(月曜は17:00~、土曜は10:00~22:00、日曜は10:00~16:00)
定休日:無休
アクセス:メトロ8号線Ledru-Rollinより徒歩3分


ラヴァン・コントワール

ワインバー

天井にぶら下がったラヴァン・コントワールのメニュー

オデオン駅からすぐの、ビストロノミーの先駆者的存在であるル・コントワール。予約をとらないことでも有名で、オンシーズンには行列ができることもある人気店です。ここのビストロの席が空くまでにアペロができるように、すぐ隣にオープンしたのがラヴァン・コントワール(コントワールの前に)です。

立ち飲み専門のワインバーで、写真入りのメニューが天井にぶら下がっているので言葉がわからなくてもオーダーしやすいのが嬉しい。おつまみとはいえデザートまで揃っていて、どの料理も繊細で本格的です。

 

ワインバー

カウンターで凝った料理が頂ける

一人なんだけど、ちょっと美味しいワインと料理が食べたいなと思った時におすすめ。お値段はちょっと高めですが、気軽に行けるフレンチレストランとしても利用できます。

<DATA>
l'Avant Comptoir
住所:3, Carrefour de l'Odéon 75006 Paris
電話:01 44 27 07 97
営業時間:12:00~23:00
定休日:不定休
アクセス:メトロ4、10号線Odéonより徒歩1分


グラン・フィーユ・エ・フィス

ワインバー

選び抜かれたワインとおつまみは絶品

パリ一美しいといわれているパッサージュ、ギャラリー・ヴィヴィエンヌにある1880年創業の老舗ワイン専門店、ルグラン・フィーユ・エ・フィス。こちらの併設ワインバーは、産地や品質にこだわった選りすぐりのワインとおつまみを頂くことができます。もちろん、気に入ったものがあったらお店でお土産として買って帰ることができるのもワイン専門店ならでは。ワイン選びのアドバイスや輸入のノウハウに関して、日本人顧客担当の佐藤さんが親切に教えてくれるので、事前にメールでアポイントを取ってから訪問して下さいね。

こちらの記事も参考に!>>>ワイン専門店ルグラン・フィーユ・エ・フィス

<DATA>
Legrand Fille et Fils
住所:1, rue de la Banque 75002 Paris
電話:01 42 60 07 12
営業時間:11:00~19:00(月曜)、10:00~19:30(火~金曜)、10:00~19:00(土曜)佐藤さんは火曜から土曜の午後に常駐
定休日:日曜
アクセス:メトロ3、7、8号線Opéraより徒歩3分