税金/税金関連情報

PCで作成!実践!住民税の住宅ローン控除(3ページ目)

住宅ローン控除の取り残しがあるとわかっていても、実際に申告手続きを行なわなくては何ともなりません。住民税の住宅ローン控除書類。実は総務省のホームページ上でカンタンに作成できます。

田中 卓也

執筆者:田中 卓也

税金ガイド

  • Comment Page Icon

ステップ5・・申告書をプリントアウトし、申告手続きを


入力処理がきちんと終了すれば、市区役所提出用・本人控え・税務署確認用の申告書が自動的に完成しています。3部ともプリントアウトし、申告手続きを行ないましょう。
【出所】総務省ホームページ

ただし、この申告手続きについて、1点注意点があります。
添付書類として源泉徴収票の提出をもとめられますが、提出する前に必ずコピーをとるということです。源泉徴収票は申告の手続きにも必要になりますが、年間の所得を証明する大切な書類です。「税務署や役所に提出してしまったから、手許にはありません」では、子どもが入学するとき、奨学金の所得証明など、必要になる場面があるかもしれません。

・ 添付書類は必ずコピーを取る
・ (郵送手続きの場合には)返信用封筒にも切手を忘れずに
ということは忘れがちな注意点です。

平成11年から平成18年までにマイホームを購入された方で、住宅ローン控除の取り残しがある方。
本年以降、毎年この手続きが必要です。今回は期限後となってしまった方、来年こそはしっかり役立ててください。

関連リンク
実例!住宅ローン控除で住民税が戻る人
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます