これから繰下げ受給がトレンドになる!?

老齢厚生年金の繰下げは老齢基礎年金の繰下げと基本的には同じ仕組み

老齢厚生年金の繰下げは老齢基礎年金の繰下げと基本的には同じ仕組み

「年金を何歳から受け取ったら良いか?」

この質問の多くは、「繰上げて受け取りたい」という希望です。しかし、繰上げ受給をすると、一生涯年金が減額されてしまうという問題があり、悩みどころです。

一方、平均寿命が延び、65歳以降も働く方(働きたいと考えている方)が増えています。受け取るタイミングを繰下げると年金が一生涯増額されることになり、「繰下げて(お得に)受け取りたい!」というニーズも今後増えると思われます。65歳以降も働けるだけ働いて、年金を「貯金」しておくというイメージでしょうか。

繰下げ方法と、繰下げた場合の増額率とは?

現在、老齢基礎年金は当然のこと、老齢厚生年金も月単位での繰下げが可能です。繰下げた場合の増額率については、1カ月繰下げるごとに0.7%増額されます。

大まかな増額率を見てみましょう。
・1年(12月)繰下げで   8.4%
・2年(24月)繰下げで  16.8%
・3年(36月)繰下げで  25.2%
・4年(48月)繰下げで  33.6%
・5年(60月)繰下げで  42.0%

また、これ以外にもいくつかルールがあります。まず、5年以上繰下げても、増額率はかわらず42%のままです(75歳まで繰下げ可能となるかも?これについては後述)。また、最低でも1年以上繰下げなければ増額はされません。

例えば65歳で年金を受け取る権利が発生し、66歳7カ月の時点で繰下げの申し出をしたとします。そうすると繰下げ月数は申出の前月まで(18カ月)となり、18×0.7%、つまり12.6%増額ということになります。

また、厚生年金、基礎年金のどちらかだけ繰下げて、どちらかは65歳から受け取るということができるようにもなっています。

「何歳まで繰下げるのがお得?」これに答えはあるか

繰下げた場合と繰下げなかった場合では、当然、受取額が変わります。どうせなら総受取額(一生涯で受け取る総額)は少しでも多いほうが良いですよね。

ただ、老齢年金は終身の年金です。生きている限り支給されるものなので、寿命がいつまでかによって金額が変わってくるため、「これが得!」という答えはない、というのが現実です。

ただし、○歳から受け取ったら総額はいくら、というシミュレーションは可能ですので、少し検証してみたいと思います。

65歳から受け取る老齢厚生年金が100万円(年額)と仮定します。そうすると、
物価スライドなどは考慮せず

物価スライドなどは考慮せず

70歳の時点では当然通常受給(繰下げず65歳から受け取る)のが総額で最も多くなっています。

それでは、男性の平均寿命である78歳の時点ではどうなるのかを見てみたいと思います。そうすると以下のとおりになります。

合計は、受け取り開始からの総合計

合計は、受け取り開始からの総合計


ご覧のとおり、この時点では66歳(12カ月繰下げ)受け取りが総受取額が通常受給を抑え、最も多くなっています。

85歳まで受け取れるなら「70歳から受け取る」のが得

それでは85歳まで受け取った場合を見てみましょう。
合計は、受け取り開始からの総合計

合計は、受け取り開始からの総合計

ご覧のとおり、70歳から受け取るのが一番多くなります。ただ、本来受給と比べても総受取額で100万円程度しか変わりません。これを多いと思うか、少ないと思うか。とにかく、長く生きれば生きるほど、70歳受給が総受取額では得であることは間違いないようです。

75歳まで繰下げ可能な制度、これって得なのか?

厚生労働省は、受給開始年齢を75歳まで選択可能にすることを検討しているようです。仮に75歳まで繰下げたとすると、増額率がそのまま引き継がれるなら84%も増えることになります。

先ほどの例(65歳で100万円受給)で考えると、184万円に増えるということになります。これって得なのでしょうか?

残念ながら、総受取額でみてみると、85歳時で1840万円にしかならないので、通常受給にも満たないことになります。かなり長生きしなければ得にならない計算となりますね。

75歳までの選択受給制度ができるとして、増額率がどうなるのか?注目したいですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。