非常に多い女性の繰上げ受給相談

画像の代替テキスト
繰上げ受給する理由には、少しでも早く受け取って、生活の足しにしたいという切実なものもあるが、できれは長期的な視点に立って繰上げするかどうかを判断したい
60歳前後の方(特に女性)から年金の繰上げ受給についての相談をよく受けます。

この場合の年金とは老齢基礎年金で、老齢基礎年金の受給開始は通常65歳からですが、60歳からなら繰り上げて受け取ることが可能なのは皆さんもよくご存知のことと思います。

受け取れるなら、「もらえるものは少しでも早く欲しい!」と思ってしまうのが人情ですね。ですから相談が多いのもくわかります。

今の60代の方々については老齢厚生年金は60歳から、老齢基礎年金は65歳から支給されることになります。この年代の女性は厚生年金を過去精算していることが多く、65歳から支給される老齢基礎年金だけを受け取る割合が少なくありません。

そういった理由で、老齢基礎年金の繰上げの相談に女性が多いのだと思われます。

女性の視点から見て、「繰上げ受給」はお勧めなのでしょうか?

いくつから受け取るのがお得かは「神のみぞ知る!?」

繰上げ受給が得か損かについては、「なんとも言えない」というのが偽らざる答えとなります。

なぜなら繰り上げて受け取ると、早く受け取れるものの年金額は一生涯減額されてしまうからにほかなりません。

下の図をご覧ください。
画像の代替テキスト
通常受給額を老齢基礎年金の満額に近い80万として計算、金額は概算 物価スライド等は考慮せず

70歳の時点の総受取額を見ると、60歳から繰上げ受給した場合が、616万円と、一番多いことがわかります。しかし、これが女性の平均寿命に近い85歳まで受け取り続けるとなると
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/4/3/3/sample26.jpg
通常受給額を老齢基礎年金の満額に近い80万として計算、金額は概算

65歳からの「通常受け取り」が最も受取額が多くなり、60歳から繰り上げた場合と比べて200万近くの差が出ていることがわかります。

ですから、長く生きれば生きるほど「繰上げ受給は損」ということになります。

更に女性の繰上げ受給の際の注意点を検証。次ページへ >>>