私たちのセカンドライフの姿は?[時間や人間関係など]


<時間>

仮に80歳までしか生きないとしても、20歳から定年まで会社で働いてきた時間と同じ長さの自由に使える時間をどのように有意義に過ごしていくか?とっても大切なテーマになります。

<夫婦関係や役割分担>

これまで朝と夜と休日しかいなかったパパがいつも家にいるようになり、ママの生活サイクルや日常の過ごし方も変わってきます。家庭内の役割分担も考え直さないといけませんね。

<人間関係>

ママが専業主婦などの場合は、ママの人間関係は今までとあまり変化はありませんが、会社員のパパの人間関係はガラリと変わります。

会社の中で培ってきた同僚や上司・部下・他の会社の友人たちも会社での肩書きや影響力がなくなると、急に疎遠になっていきがちです。わりやすい例でみると年賀状の数が激減し、会社で仕事を通じて知り合った人たちと飲んだりして付き合う回数も同じくです。

これまでご近所のお付合いはママ任せだったというパパは、一から地域や趣味などを通じて人間関係を作り上げる努力が必要な場合もあります。

新しい人間関係を作っていくなんて面倒だと受け止める方は、家庭の中、つまりママだけを社会で唯一接する人間だと思うようになり、家にこもってしまうかもしれません。今のうちから仕事を離れた人間関係づくりをしておいた方が、パパ自身とママのためにもなる気がしますね。

60歳までの時間を逆算して今から準備する  次のページへ