学費・教育費/教育資金の貯め方

学資保険を使った貯蓄は正解?(5ページ目)

人生の三大支出の一つである、教育にかかるお金。教育費を学資保険で貯めようと考える人は多いでしょう。しかし、学資保険に入っておけば安心といえるのでしょうか?

平田 浩章

執筆者:平田 浩章

ファミリーのためのお金入門ガイド

  • Comment Page Icon

奨学金制度の活用も効果的

奨学金制度(日本学生支援機構など)の活用なども、視野に入れたいところです。

「わざわざお金を借りなくても払えるものは払いたい」という気持ちも分かりますが、人生全体のマネーバランスを見ると、重たい教育費や住宅ローンの支払いで、その後の夫婦の老後資金の準備ができないというケースも多々あります。

奨学金制度は下記のとおりかなり低金利で借りることができます(借りるのは子どもです)。

<2017年3月まで借り入れていた場合>

・基本月額 利率固定方式 0.33%
利率見直し方式 0.01%

・増額部分 利率固定方式 0.53%
利率見直し方式 0.21%

しっかりお金を貯めたい時期にまとまって出ていく教育費の負担を、10年~20年間の長い時間をかけて軽くし、ゆっくり子どもに返済してもらい、その分、しっかり貯めて育てた財産でゆとりができれば、結婚資金や住宅購入資金として援助することもできます。

人生全体を見た場合は、奨学金制度の有効活用はかなり効果的な場合も多々あります。

「木を見て、森を見ず」ということにならないように、いつも人生の全体のマネーバランスを見て、現在・将来のために、どういう選択がベストかを考えていきたいですね。


【関連記事をチェック!】
教育費を貯めるには「低解約返戻金型保険」も候補に
これからは祖父母の力を借りて教育費確保!?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 3
  • 4
  • 5
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます