お金で幸福は買えないけれど、幸福の条件の1つに、「ある程度のお金」が必要なのも事実。「お金持ちになるための方法」を考えてみましょう。

お金持ちには自由と時間がある

「お金」は交換の手段であり、金銭的な価値を図るメジャーであり、価値貯蔵の手段でもあります。

undefined

 

より多くのお金を手にした人ほど、より多くの「モノ」や「サービス」を手に入れる力を持っていることになり、つまり、お金持ちは、(資本主義社会においては)より多くの「可能性」を手にしているともいえそうです。

確かに、あり余るお金があれば、10年後、20年後、あるいは老後の心配もなくなります。ほしいものだって、行きたい所だって我慢しなくてよくなります。普通の人が数十年かけなければ手に入れられないものを、資金力がある人は即座に手に入れることもできます。

つまり、お金持ちほど自由と時間と力があるといっても過言ではないでしょう。多くの人はお金がないよりはあった方がいいと思うのではないでしょうか。

しかし、お金持ちが幸福かというと、また別の話です。お金が絡むと大事なものが見えなくなるようで、親族間の相続問題がこじれて泥沼化して、関係を修復できなくなる例も目にします。

お金を目的にした人とのトラブルで人間不信になり、ひっそりと孤独に暮らすお金持ちの方もいます。お金で結びついた人間関係は、お金が尽きると崩壊する可能性があることもよく聞く話です。

ところで、「お金持ち」ってどんな人をいう?

ここまで「お金持ち」という言葉を使ってきましたが、ではどれくらいのお金を持っている人を言うのでしょう? そんな決まりはどこにもないと思いますが、仮定義してみましょう。

「お金持ち」といっても大きく3つに分けられると思います。
  1. 資産の多い<ストックリッチ>
  2. 収入が多い<フローリッチ>
  3. 両方とも多い<ストック&フローリッチ>

「ストックリッチ」とは、銀行などの見方では、金融資産だけで3億円程度以上の方を指すようです。不動産その他の現物資産はほかにあるという前提です。一般の感覚ではミリオネア、1億円以上もストックリッチと見られるのではないでしょうか。

ストックがそこまで多くあまりなくても、年収が高く、可処分所得が多い人は「フローリッチ」と言えるでしょう。このフローが家賃収入や権利的収入である場合もあるでしょう。