住宅用頭金と教育資金、老後資金は、人生の3大支出といわれます。子どもがいる世帯なら、3つの中で初めに手を打つべきは教育資金です。

これまでの3大支出準備法

人生の3大支出に備えて貯蓄をしようというとき、あなただったらどの順番で貯めますか?

かつての貯め方としては、こういった順番で貯める考え方が多かったように思います。

<1>住宅資金(繰上返済分も含む)

<2>教育資金

<3>老後資金

昔は、それぞれのめどがついてから次の準備をする、という考え方でも間に合いました。でも今は、このやり方では十分ではなくなりました。

・教育費の増加
・中学から私立などコストがかかる選択をする人が増えた
・準備すべき老後資金が増えた
・収入(雇用)の不安定化
・景気悪化による収入減
・晩婚化が進み3つの貯める時期が重なってきた

といったことが大きな理由です。

現在の3大支出準備法

では、現在の3大支出の貯め方の順番はどうかと言うと、このようにイメージします。

<1>住宅資金  <2>教育資金
↓         ↓
↓         ↓  
↓    <3>老後資金
↓        ↓
↓     

住宅の頭金作りと子どもの教育資金は同時に進めること。今時はこれは鉄則です。児童手当だけでも確実に貯めておきましょう。

今のような時代は、教育資金の準備が成り立つ範囲で住宅用頭金を貯め、そのペースで返せる範囲のマイホーム総予算を立てることが必要です。しかも、ファミリー世帯のおいては、住宅ローンは全期間固定の金利タイプを前提にすべきでしょう。

もちろん、妻が専業主婦でいずれ働きに出ることが確実であるなら、住宅の頭金を集中的に貯めるのも1つの方法ですが、そうでない場合は、同時並行が大前提です。

そして、40代からは老後資金の準備もスタートしましょう。