35年返済だと毎月返済額が軽くなる

住宅ローンは35年が最長返済期間なので、不動産会社は35年返済で組む場合があります。それは返済期間が長いほど毎月返済額が軽くなるからです。3000万円を金利3%で借りた場合で比較すると、35年返済だと毎月返済額は11万円台ですが、25年返済だと14万円台にアップ。毎月2万6808円の負担増です。

■毎月返済額は35年返済のほうが安い(3000万円を金利3%で借りた場合で比較)
返済期間
毎月返済額
35年
11万5455円
25年
14万2263円

毎月返済額が軽いと、同じ負担でもたくさん借りられます。それだけ予算をアップできるので、不動産会社にとっては高い物件を買ってもらえるわけです。予算がアップできれば購入者にもうれしいことかもしれません。でも、長く借りればそれだけ銀行に利息をたくさん払わなければならないのです。

25年返済だと支払う利息が少なくなる

返済期間による利息負担の差は、最初の10年間だけ比べても明らかです。同じく3000万円を3%で借りた場合で10年間の支払い利息を比較すると、25年返済のほうが35年返済より50万円以上軽くなります。毎月返済額は25年返済のほうが重いのに、なぜこのような結果になるのでしょう。

■10年間の利息支払額は25年返済が安い(3000万円を金利3%で借りた場合で比較)
返済期間
10年間の利息支払額
35年
820万1359円
25年
767万2125円

答えは25年返済のほうが毎月返済額に占める借入元金の額が大きいからです。住宅ローンの毎月返済額は利息部分と元金部分に分けられます。ちなみに1回目の毎月返済額中の利息部分は、35年返済も25年返済も同じ「3000万円×(3%÷12カ月)」で7万5000円です。つまり25年返済と35年返済の毎月返済額の差である2万6808円は、すべて元金の返済に充てられているのです。