住宅ローンの返済が家計を圧迫!

グラフイメージ"
自己破産者数は急増中!
住宅ローンを組み、夢のマイホームを手に入れたのはいいが、ボーナスカットや年収ダウン、健康上の理由で住宅ローン返済が難しくなったという話も増えています。夢のマイホーム購入時に無理のない予算を組んでおけば…と今さら後悔しても遅い!
住宅ローンが支払えなくなるケースは、ローンを組んでから3~5年間が最も多いと言われます。皆さんも手遅れにならないために事前に備えること、または手遅れになってしまいそうな方は何をすればよいかを知っておきましょう。「夢のマイホーム」を手放してしまう結果にならないためにも必ず心得ておきましょう。

こんな人はやばい!地獄のマイホーム予備軍

住宅ローン返済が難しくなる結果を招くのは様々な原因が考えられますが、大きくわけて以下2つあります。まだ住宅ローン返済が難しくなっていない方でも危険があるため、今対策をうっておきたいものです。

【1】大幅な年収ダウン
将来の年収上昇が約束されていればよいのですが、なかなかこのご時勢では自信をもって年収アップが見込まれる方も少ないです。ボーナスカットやリストラ、または健康上の理由により一時的に年収が大幅に下がってしまうケースが考えられます。突然の事柄による理由には、日頃からの貯蓄や、住宅ローン借り入れ時に「返済支援保険」などで備える方法しかないです。

【2】大幅な住宅ローン返済額の上昇
今は低金利の時代、住宅ローンの返済は30年~35年が最も多いので、今ご返済中のローンが金利上昇時に何も対策をうてないような「危ない」ローンを組んでいる場合は、金利リスクがあなたの家計に直撃します。ここだけの話ですが、あなたの家計を直撃する可能性が最も高い、私から見る一番「危ない」ローンは、短期固定型の住宅ローンです。可能であれば今のうちに、金利リスクから身を守るために、「借換え」を検討されたほうがよいでしょう。

次のページでは、「返せなくなった!」という方のために、何をするべきかをアドバイス