保険会社が破綻したらどうすれば良い?

保険会社が破綻した場合の大まかな流れを、図で表してみました。
生命保険会社が破綻した場合の大まかな流れ
生命保険会社が破綻した場合の大まかな流れ
加入していた商品の保険会社が破綻すると、「保険業法に基づく行政手続」か「金融機関等の更生手続の特例等に関する法律に基づく会社更生手続」によって、保険契約を継続させるための作業が始まります。

そして、これらの作業が終わるまでの間、一般的には、解約や減額、保険契約者貸付、転換等の手続業務が停止されます。ただ、保険料の収納業務は停止しないので、破綻しても保険料は払い続ける必要があります。

保険契約の移転等が済んで新たな保険会社に変わると、加入者は加入中の保険をどうしたら良いか考える必要があります。
  • 破綻によって入院給付金日額等の保障が削減されてしまった場合、その分を補うために増額するべきか?
  • 契約条件が悪くなったので他の保険に加入しなおすべきか?
  • すぐに解約すると早期解約控除制度によって不利になるからしばらく様子をみるか?
  • 他の保険に加入し直したいところだが健康状態が思わしくないので継続するしかないか?
何れにせよ、加入者にとっては破綻しなければ必要なかった作業を強いられることになります。安心するために加入した保険なのに、保険会社の経営で不安になるなんて勘弁してもらいたいですよね!


どの保険会社なら安心できるのでしょうか?