療養食・食事療法/療養食・食事療法の基礎知識

トランス脂肪酸って体に悪い?食品チェック

トランス脂肪酸は悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。あなたは摂取量に注意を払っていますか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
様々な疾病のリスクを上げるトランス脂肪酸。フライドポテトが好きなひとも要注意。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。


日本ではトランス脂肪酸は管理されてるの?

諸外国では、このトランス脂肪酸を厳しく制限・管理(使用禁止や含有量表示)しているケースがよく見られますが、日本ではあまり関心を持たれていないようです。日本人は、「ナチュラル」、「天然」、「ヘルシー」などと言ったキーワードに関心を持っている人が多いようですが、人工的で健康に悪いトランス脂肪酸は放置され気味のようです。少し悲しいパラドックスです。随分前から、体への害が報告されているトランス脂肪酸ですが、実は私が本気でトランス脂肪酸を意識しだしたのは一年くらい前からです。個人的な取り掛かりが遅かったと反省しているところです。私もたまにトランス脂肪酸を食べていますが、体への悪影響が分かっているので、食べている途中でおいしくなくなることもあります。


トランス脂肪酸って食べても大丈夫?

「普通」の食生活においてトランス酸の摂取過剰によるリスクを心配する必要はないとの見解が強いために規制されていないようです。諸外国と比較してトランス脂肪酸の摂取が低いという理由もあるようですが、「普通」の食事をしていない人にとっては深刻な問題になりかねません。実際のところは、「普通」の食事を定義するのも難しいと思います。

■トランス脂肪酸の過剰摂取が心配される食事例
朝食:パンにマーガリンや菓子パン、クリーム入りコーヒー
昼食:ファーストフード、又は冷凍食品を利用したお弁当
おやつ:クッキー、クラッカー、
夕食:インスタント・レトルト食品を利用したもの

上記のような食べ方をしている人は要注意です。特に、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどで悩んでいる人は、食事内容を見直してみるべきかもしれません。


次のページでは、トランス脂肪酸を含む食品リストを紹介します。

更新日:2007年04月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    34

    この記事を共有する