ビジネス英会話/英文ビジネスメール(E-mail)

英文ビジネスメール本文文例

英文ビジネスメールは、宛先、件名、受取人名、頭語、前文、本文、末文、結語、差出人名(署名)で構成されています。ここでは、本文の文例をお伝えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英文ビジネスメールは、宛先、件名、受取人名、頭語、前文、本文、末文、結語、差出人名(署名)で構成されています。ここでは、本文の文例をお伝えします。

アポイント (Appointment)

お時間がありましたら、新プロジェクトに関しお会いして話し合いたいのですが。
I would like to meet to discuss the new project if you have time.

都合のよい日時をお知らせ下さい。
Please let me know when would be a good time for you.

お約束の日を変更させていただきたいのですが。
I would like to change the day of my appointment with you.

見積り (Estimate)

"would"を含んだ表現は、日本人にあった、丁寧な文章を書く際の格好の文例であると思います。例えば、would ~は「~いたします」、would like ~「~をお願いいたします」、would like to~は「~いたしたく思います」
価格の見積もりをお願いいたします。
We would like your quote.

以下の商品につきお見積もりをお願いいたします。
We would like a price quote on the following items.

注文 (Order)

以下の商品を注文いたしたく思います。
We would like to order the following items.

いつものように下記の注文をいたします。
We would like to (make our) usual order as follows.

引合い (Inquiries)

御社サービスに関する情報を心待ちに致しております。
We would very much like to receive any information about the service you offer.

貴社にかんするどのような資料でもお送りいただけると有難いです。
We would appreciate it if you could send us any information about your company.

照会 (References)

同社に関します以下の項目の情報提供をお願いいたします。
We would appreciate it if you could pass on to us with the following information about the company.

この件について調べて戴けないでしょうか?
We would appreciate it if you could look into this matter.

依頼 (Requests)

W本請求書の支払い期限を4週間延期して下さるようお願いいたします。
We would like to ask you to extend the due date for payment of the invoice by 4weeks.

ホテルの宿泊の手配をして頂ければ幸いです。
We would appreciate it if you could make arrangements for hotel accommodations.

クレーム (Claims)

この様な事態に対し、どのように対処すべきかお知らせ下さい。
We would be grateful if you would tell us how we should handle this situation.

この様な問題は2度と起こらないと信じております。
I would like to believe that this problem will not be repeated.

請求 (Collection)

7月15日付のご注文に関し、お支払いがなされておりません。
We would like to remind you of your payment for your oders on July 14th.

至急、お支払い下さいますようお願い申し上げます。
We would appreciate receiving your payment immediately.

断り (Negative Response)

弊社の立場をご理解戴ければ幸甚です。
We would appreciate it if you could understand our situation.

今後、齟齬がないよう、本件をはっきりさせたいと思います。
I would like to clarify the matter so that there is no confusion later on.

通知 (Announcements)

弊社社名をA社よりB社に変更いたしますので、お知らせ申し上げます。
We would like to inform you that our company will be changing its name from A to B.

このたび、ロンドン支社勤務となりましたので、ご挨拶申し上げます。
I would like to take this opportunity to inform you of my transfer to the London office.

招待 (Invitations)

当社20周年記念パーティへのご出席をご招待申し上げます。
We would be pleased if you would attend the party to commemorate the twentieth aniversary of the founding of our company.

我が家のホームパーティにご招待申し上げます。
I would like to invite you to our home party.

ビジネス英文メールでは、常に相手の立場にたって(You Attitude)書くことが大切です。今回ご紹介した文例はほんの一部ですので、実際に書く際には、時と場合、受け取る側の気持ちを考えて書くことが極めて大切といえるでしょう。

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で英会話関連の書籍を見る

更新日:2010年04月01日

(公開日:2004年07月10日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する