竹内 正人

妊娠・出産 ガイド 竹内 正人

たけうち まさと

産科医

たくさんのお産に携わりながら、より優しい「うまれる」「いきる」を3世代/100年先につなごうと、地域、国、医療の枠をこえて、さまざまな取り組みを展開している産科医。著書、監修書多数。妊娠・出産・育児ママに応援メッセージを毎日届ける無料メルマガ【そのママ】(会員数23万)も好評!

ガイド記事一覧

  • 妊娠21週目エコー写真・胎動の様子・胎児の大きさや体重・性別

    妊娠21週目エコー写真・胎動の様子・胎児の大きさや体重・性別

    妊娠21週(21w)のエコー写真を見てみると、胎児の大きさはCRL(頭殿長)が25cm、体重は300g~450g程。妊娠二十一週は脳が再び急成長、生殖器も発達して性別が分かる時期。母体は一気に妊婦さんらしい体つきになってきます。胎動を通して赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。身体の変化に伴う便秘や痔、足のつりには適切な予防を。

    掲載日:2021年03月02日妊娠中期
  • 妊娠20週目エコー写真・胎児の大きさや胎動の様子・性別

    妊娠20週目エコー写真・胎児の大きさや胎動の様子・性別

    妊娠20週(20w)のエコー写真を見てみると、胎児の大きさはCRL(頭殿長)が21cm~23cm、体重は250g~350gほど。妊娠二十週は胎動を通し、胎児の睡眠と活動のサイクルが分かることも。超音波検査で赤ちゃんの性別も分かる時期。母体は気分や体調が安定するので、胎動を感じるなどして妊娠生活を楽しみましょう。

    掲載日:2021年03月02日妊娠中期
  • 妊娠15週目エコー写真や胎児の大きさ・胎動・お腹の張りは?

    妊娠15週目エコー写真や胎児の大きさ・胎動・お腹の張りは?

    妊娠15週(15w)のエコー写真を見てみると、胎児の大きさはCRL(頭殿長)が104~114mm、体重は40gほどに成長し、体の大まかな組み立てはほぼ終わっています。妊娠十五週は母体は胎盤が完成し、体調が安定してくる時期。子宮が大きくなることにより、お腹の張りや痛みを感じることも。赤ちゃんの性別は赤ちゃんの姿勢によってわかることも。胎動を感じられる日ももう少しでしょう。

    掲載日:2021年02月17日妊娠初期
  • 妊娠14週目エコー写真・胎児の大きさ・お腹の張りは大丈夫?

    妊娠14週目エコー写真・胎児の大きさ・お腹の張りは大丈夫?

    妊娠14週目(14w)のエコー写真を見てみると、胎児の大きさは頭殿長(CRL)が80~93mm、体重は25gほどに成長。妊娠十四週頃になると羊水の中を活発に動くようになりますが、胎動はまだ分かりません。赤ちゃんの性別が分かることもあります。母体は、子宮を支える靭帯のケイレンによりおなかの張りや痛みを感じることがあります。つわりで苦しんでいる方は不快症状と上手く付き合う工夫をしてみましょう。

    掲載日:2021年02月17日妊娠初期
  • 妊娠13週目エコー写真と胎児の大きさ・性別や胎動はいつわかる?

    妊娠13週目エコー写真と胎児の大きさ・性別や胎動はいつわかる?

    妊娠13週目(13w)のエコー写真を見てみると、胎児の大きさはCRL(頭殿長)が平均75mm、体重は20gほどに成長。 妊娠十三週になると親指を舐める、指を握る反射が備わってきます。胎動や赤ちゃんの性別が待ち遠しい方も多いでしょうが、この時期はまだ分かりません。つわりがまだ終わらない方や、便秘や腰痛などマイナートラブルに悩まされることも出てきますが、不快症状と付き合う工夫をしてみましょう。

    掲載日:2021年02月17日妊娠初期
  • 妊娠11週目エコー写真や胎児の大きさ平均・流産原因や症状

    妊娠11週目エコー写真や胎児の大きさ平均・流産原因や症状

    妊娠11週目(11w)の胎児の大きさや体重、エコー写真、妊婦さんの症状や注意点を解説します。妊娠十一週の赤ちゃんは、頭殿長(CRL)が44~60mm、体重は10gほどに成長。ピークを過ぎてつわりが落ち着く人も出てくる人も増えますが、個人差があるためまだつわりがひどいという人も。気になる妊娠初期の流産の症状(腹痛や出血)や原因についても知っておきましょう。

    掲載日:2021年02月17日妊娠初期
  • 妊娠10週目 エコー写真や胎児の大きさ・10週の壁?!流産原因や症状

    妊娠10週目 エコー写真や胎児の大きさ・10週の壁?!流産原因や症状

    妊娠10週目(10w)の胎児のエコー写真を見ると、赤ちゃんの大きさは、頭殿長(CRL)が31~42mm、体重は5~8g程。手足首の関節もできあがり、手足をバタバタさせる様子を見せることも。ピークを過ぎてつわりが軽くなる、終わる人も出てくる一方、まだつわりがひどいという人も。お腹の膨らみの実感はまだないでしょう。ネット検索の中で「9週の壁」「10週の壁」と言う言葉も生まれているようですが、気になる初期流産の原因・症状(腹痛・出血)について知っておきましょう。

    掲載日:2021年02月09日妊娠初期
  • 妊娠9週目エコー写真や胎児の大きさ平均・9週の壁?!流産症状や原因

    妊娠9週目エコー写真や胎児の大きさ平均・9週の壁?!流産症状や原因

    妊娠9週目(9w)の胎児をエコー写真で見てみると、赤ちゃんの大きさは頭殿長(座高)が22~30mmに成長し、しっぽがなくなって2頭身に。つわりのピークを迎えている人が多いでしょうが、ないという人も超音波検査で心拍確認できれば大丈夫。妊娠九週はまだお腹の膨らみは見られません。ネット検索の中で「9週の壁」「魔の9週」と言う言葉も生まれているようですが、気になる初期流産の原因・症状(腹痛・出血)について知っておきましょう。

    掲載日:2021年02月09日妊娠初期
  • 妊娠8週目 エコー写真や胎児の大きさ平均・つわりや流産症状

    妊娠8週目 エコー写真や胎児の大きさ平均・つわりや流産症状

    妊娠8週目(8w)の胎児の大きさはエコー写真で測ると頭殿長(座高)が15~20mmほどに成長し、「胎芽」から「胎児」と呼ばれるように。妊娠八週頃はつわりのピークを迎える人が多いでしょう。個人差があるため全くつわりがないという方も、超音波検査で心拍確認できれば大丈夫。気になる妊娠初期の流産の原因・症状(出血・腹痛)などの知識も知っておきましょう。

    掲載日:2021年02月09日妊娠初期
  • 妊娠7週目 胎芽・胎嚢のエコー写真や大きさ・つわりや流産

    妊娠7週目 胎芽・胎嚢のエコー写真や大きさ・つわりや流産

    妊娠7週目の赤ちゃん(胎芽)や赤ちゃんが入っている袋(胎嚢)の大きさや発達をエコー写真で見てみましょう。妊娠七週(7w)は心拍も確認できる時期。母体はホルモン変化により、つわりや軽いうつ、肌荒れなどの妊娠初期症状に悩まされ、つらい時期。気になる初期流産の知識も知っておきましょう。

    掲載日:2021年02月09日妊娠初期