産婦人科医 / 女性の病気 ガイド 清水 なほみ

しみず なおみ

女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。清水(須藤)なほみ。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

得意分野

女性医療低用量ピル代替医療

活動実績

執筆ガイド記事本数94
メディア掲載実績4
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

私が医学生の頃から掲げているコンセプトは「全ての女性に美と健康を!」です。自分が女性であることを最大限に活かして、多くの女性が自分らしく活き活きと輝くお手伝いをさせていただいています。単純に「病気ではない」というだけではなく、心も体も魂も真の「健康」を保てるようにサポートさせていただきたいですね。主に女性特有の病気や、ちょっと気になるけれどなかなか人には聞けないお悩みについて、分かりやすく解説していきます。まずは自分の体や病気についてきちんとした知識を持ち、そして自分なりの付き合い方やセルフケアの方法を見出していただければ幸いです。何となく体調がスッキリしない・婦人科に行ったほうがいいのか迷っている・漠然と健康に不安があるといった、病院に行くほどではないけれど「健康」とは言えない未病の方が、婦人科を上手に活用して自分の力で美と健康を取り戻せるようにお導きしていきます。もちろん、具体的な病気がすでにある方も、自分なりの改善方法や治療の受け止め方のヒントにしていただけると思います。ぜひ、女性としての日々のメンテナンスに活用してみてくださいね。

メディア掲載実績

雑誌ゼクシィ 首都圏版
花嫁による花嫁のための “使えるクチコミ” 大特集2016
2016年01月23日
雑誌digimaga
特集「デリケートゾーンのかゆみ」
2012年06月01日
雑誌女性セブン
特集「40才からの生理 変わるもの変わらないもの」
2010年07月01日
雑誌メトロポリターナ
コーナー「metro's診察室 vol21」~膣カンジダ~
2009年12月10日

ガイドの新着記事

  • 高齢出産前に知っておくべきこと…検査・準備等

    高齢出産前に知っておくべきこと…検査・準備等

    【産婦人科医が解説】高齢出産を控え、心配や不安を感じている方もいるかと思います。通常のお産との違いや子どもの障害リスク、出生前診断はどうするか、難産にならないか、産後の肥立ちは大丈夫か…等。病院選びのポイントや準備しておくべきものなども気になるかもしれませんが、高齢出産に臨む上での大切な考え方について解説します。

    掲載日:2019年05月22日女性の健康
  • 高齢出産のリスク・デメリットと知っておきたい考え方

    高齢出産のリスク・デメリットと知っておきたい考え方

    【産婦人科医が解説】医学的には「生物学的適齢期」というものがあり、妊娠にはタイムリミットがあります。そして高齢出産は流産率や染色体異常の確率が高まるため、それらのリスクで不安になる方もいるかもしれません。しかしハイリスクだから高齢出産は避けるべきだという話ではありません。妊娠・出産のタイミングについては本人が主体的に考える必要があります。詳しく解説します。

    掲載日:2019年05月21日女性の健康

ガイドの新着イチオシ

  • アラフォー女性のプチ不調は「漢方」でコントロール

    アラフォー女性のプチ不調は「漢方」でコントロール

    漢方薬と聞くと「長く続けて飲まなければ効かない」というイメージがあるかもしれませんが、実は体調に合わせて数日飲むだけでも「プチ不調」を改善して体調を保つために役に立ちます。プチ不調の種類別にアラフォー女性にお薦めの漢方を紹介します。

    掲載日:2018年08月20日女性の健康
  • サプリメントでワンランク上の健康をキープ

    サプリメントでワンランク上の健康をキープ

    仕事・家事育児に忙しいアラフォー女性の場合、どんなに食事に気を遣っていても必要なビタミン・ミネラルを完璧に摂取することは困難です。サプリメント(サプリ)は食事にプラスアルファすることで、効率よく摂取できるのが便利なところ。アラフォー世代に多い身体の悩みと関連させてご紹介します。

    掲載日:2018年08月20日女性の健康

All About NEWS 新着記事

  • 絵本の読み聞かせは最高の催眠暗示

    以前「催眠」について少しご紹介しましたが、顕在意識が眠って潜在意識に働きかけられる状態で必要な情報を「刷り込む」のが催眠暗示です。例えば、しっかり意識がある時に

    2016年03月22日

  • なぜ「ストレス」は存在しないのか?

    企業の健康診断でストレスチェックが義務づけられたために、チェック後のフォローを誰がどのようにするのかという問題が浮上してきているようですね。産業医の研修の中でも

    2016年03月21日