井上 恵子

住まいの性能・安全 ガイド 井上 恵子

いのうえ けいこ

安心・安全な住まいを見極め、女性視点でサポートする一級建築士

マンション設計に携わった経験を数多く持つ一級建築士が、住まいの性能を解説。性能評価申請に関わったマンションは20棟以上。設計事務所設立後は子育ての経験を生かし保育園の設計なども行う。その他に戸建て・マンション購入セミナー講師、新聞へのコラム連載など。

ガイドからの挨拶

オールアバウト「住まいの性能・安全」ガイドの井上恵子と申します。
2005年12月よりオールアバウトでガイドを始め、おかげさまで14年目を迎えました。

担当テーマである「住まいの性能・安全」には、目にみえにくいけれども大切な 耐震性・省エネ性・劣化のしにくさ(長持ち)・温熱環境(室内環境・換気)・明るさ・バリアフリー性・防犯性などが含まれます。ガイドになったころは、住まい選びは立地・価格・間取りで判断する人が多かったように思いますが、近年の大地震の発生を経て、耐震性や防災設備の充実を重視してマンションを選ぶ人が増えるなど、住まい選びにも大きな変化が見られるようになってきたと思います。

住まいの性能・安全に関する情報発信に加え、最近ではマンションの間取り解説に関わることが増えました。家族構成やライフスタイルに合う間取り選び、将来性や資産性があるマンションの選び方などをお伝えしています。皆様のマンション選びの参考にしていただければ幸いです。

また、木造の保育園の設計・工事監理ではいくつかの賞をいただきました。自分の子どもも安心して預けられるような、安全で温かみのある木造園舎を設計しています。

このサイトでは、皆様の大切な命、大切な財産を守れる安心・安全な家選び、家づくりなどに関する情報を発信し、皆様が少しでも安心して暮らせるようお手伝いをさせていただければ幸いです。

経歴・バックグラウンド

住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所主宰 
一級建築士 /インテリアプランナー/住宅性能評価員講習修了

日本女子大学家政学部住居学科卒。
約15年に及ぶ大手建設会社設計部勤務を経て設計事務所設立。
保育園の設計・工事監理を行うほか、妻・母・家庭人の視点で
住まいの性能・安全などに関する講演、執筆を行う。
東京在住。

・日本女子大学通信教育課程非常勤講師(2004年~2017年)「住宅リフォーム計画」
・日本女子大学非常勤講師 2019年~ 「キッチンデザイン論」

・「ききょう保育園あじさい村(一時保育所)」の設計・工事監理で2007年 日本女子大学住居の会奨励賞受賞
・「代沢ききょう保育園」の設計・工事監理で2018年にキッズデザイン賞を受賞


<主な執筆・取材>
2011年10月「大震災・大災害に強い家づくり、家選び」出版 朝日新聞出版社
2006年「住宅リフォーム計画」出版 学芸出版社(共著)
日本経済新聞、時事通信社、公明新聞、建築ジャーナル、婦人公論、HOUSING、ハウジング新潟、日経WOMAN、ecomom(日経BP社)、suumo新築マンション、都心に住む(リクルート)、コレカラ(リクルート)、こっこくらぶ(ベネッセ)、おはよう奥さん(学研)その他

<マンション購入セミナー講師 >
マンションの間取り研究
資産性の高いマンションの見分け方
マンションのモデルルーム活用術 等  

住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所ホームページ

資格

一級建築士、インテリアプランナー、住宅性能評価評価員講習修了

経営・所属している企業・団体・協会

(一社)東京建築士会会員