100年以上の年月をかけ、ついに2026年に完成するサグラダ・ファミリア

100年以上の年月をかけ2026年に完成する予定のサグラダ・ファミリア


スペイン・バルセロナのシンボルであり、世界遺産にも登録された「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」は1882年から建築工事が続いている未完の教会で、最近になって2026年に完成予定と発表されました。

「創造と神秘のサグラダ・ファミリア」は、普段入れない内部の映像やインタビューを通して、天才建築家アントニオ・ガウディとサグラダ・ファミリアの軌跡を探るドキュメンタリー映画です。マンション設計などに携わる私も、大変興味深く観ることができました。建築が好きな人だけでなく、世界文化遺産やスペインに興味がある人にもおすすめですよ。

   

ガウディの代表作、サグラダ・ファミリア(聖家族教会)

サグラダ・ファミリアから臨むバルセロナの街並

サグラダ・ファミリアから臨むバルセロナの街並み
 

スペインが生んだ天才建築家、アントニオ・ガウディ。バルセロナにはグエル公園やカサ・ミラ、カサ・バトリョなどガウディがデザインした建築群を数多く見ることができますが、中でもサグラダ・ファミリアはガウディの代表作。

未完成ながら世界文化遺産に登録され、まるで彫刻のような外観、謎めいた構造、一度はこの目で見たいと思う人も多い建築物です。

 

関係者の熱い思いが伝わるインタビューを収録

サグラダ・ファミリアの「受難のファサード」

サグラダ・ファミリアの「受難のファサード」


建築設計をしている私は、ガウディの自由な発想、モチーフ、建築に憧れと尊敬の念を持っています。サグラダ・ファミリアのデザインにたどり着いた背景、どのような構造なのかもわかりやすく解説があり、大変興味深くこの映画を見ました。

技術的な進歩はもちろん、熱い思いを持って集まってきた設計者や技師などのインタビューなどは見応えがありました。

 

自宅にいながらガウディ建築の神髄に触れる

ステンドグラスをはめ込んでいく。完成まであと一歩となりました。

ステンドグラスをはめ込んでいく作業


私がバルセロナを訪れてからすでに30年ほどが経ちました。当時は「生誕のファサード」と反対側にある「受難のファサード」が見られただけでした。映像で、当時はまだなかった高窓のステンドグラスから色鮮やかな光が差し込む神秘的な教会内部の様子などを見ることができました。

ぜひ皆さんも、志半ばにして亡くなったガウディの人生に思いをはせ、 ガウディ建築の神髄に触れるひとときを過ごしていただきたいです。

 

DATA
創造と神秘のサグラダ・ファミリア [DVD]

発売元:アップリンク
販売元:TCエンタテインメント
特典映像やブックレットなどの特典付き
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。