お奨め銘柄と有望業種は!?

ベトナムには既にこのような近代的なビルも建設されています
ちなみにお奨めの銘柄は?と聞いたところ、「勧誘のような推奨はしていません」ときっぱり。ただ、個人的な見解で・・・ということで、お話ししてくれたのは下記の話です。基本的にベトナムのGDP成長率は7~8%だが、その伸び率を安定的に毎年上回っている業種に投資をしたい。具体的には、資源、各種メーカー、食品といった業界で、これらは毎年10~30%も成長している。銀行に関しては確かに年間30%も40%も利益が伸びているが、その分PERも高く(たとえば、ベトナムの商業銀行2位、現在唯一銀行で上場しているサコムバンクの場合、現在20倍ぐらいで、市場平均の12倍を大きく上回る)これから投資するのはどうか?(もっとやすくなったところはいいとしても)

ということでした。

ベトナムの銀行株なら資産10倍増が十分狙える!

ただ、実際にこのあとサコムバンクを訪問したのですが、銀行はここで聞いた話よりもとんでもなく成長率が高かったのです(サコムバンク訪問に関してはは後日、写真付きで詳しく報告します)。30~40%程度ではなく、なんと年間70~100%も利益が伸びているのです。たしかに2006年予想PERはたったの20倍前後(予想)ですが、このままいけばPERはすぐに5倍以下の超割安状態になります。

一方、今回のインタビューで出てきた業界ですが、たとえば食品。ベトナムでは銀行株と同じ時価総額でビナミルク(乳製品メーカー)という会社があります。銀行株と乳業メーカーの時価総額が一緒なんて、今の日本では考えられませんが、これはちょうど昔日本で、明治製菓やカルピス乳業が資産株と言われて買われていたのと同じ状況だと思います。したがって、ここで、たとえばサコムバンクを買って5~10年放置しておけば資産10倍増も十分目指せるのではないかと思うのです。

※外国株ガイドメルマガではベトナム株の
具体的な買い方などをご紹介しております! 
是非ご登録下さいね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆外国株ガイドのメルマガ登録はこちらから!

<つづく>
→続きのレポートはこちらから


【関連リンク】
10年前の中国株の魅力があるベトナム株
ベトナム株現地訪問レポートその1
ベトナム株現地訪問レポートその2
ベトナム株現地訪問レポートその3
中国株通信ではベトナムの有望銘柄の情報などを配信しています!
大変貌中のマカオ株で株価10倍増を目指す

※上記の記事は、投資の参考となる情報提供のみを目的としたものです。したがって、勧誘の目的としたものではありません。また、投資結果を保証するものではありません。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。