ベトナムに出発です!

さぁ、ベトナム視察に出発です。飛行機は中国の視察同様、安価な中国国際航空を利用します。なんていったって安いですからね。往復で、なんと5~6万円前後なんです。ただ、中国国際航空の場合、ベトナム直行便がないので台北(台湾)でトランジットしていきます。それでは、出発しましょう!(※最初は旅行記形式ですが、ベトナムを知らない方も多いと思いますし、文化や普段の生活の中から株式投資のヒントが見えてくることはよくあることなので、まずは、写真付きでいろいろなベトナムをご紹介したいと思います。


中国国際航空ですが、以前から比べると、中の食事はずいぶん良くなっています。少し前は日本人には食べるのが辛いぐらいの内容でしたからねぇ・・・。たとえば、上は無料で選べる飲み物のマンゴージュースですが、濃くてなかなか美味しいんです。


食事のメインは鰻でしたが、普通、飛行機の鰻って、ものすごくまずいのが多いですが、これはかなり美味しかったですね。ご飯とお味噌汁もちゃんと茶碗、お椀で出ていましたし。


台北までは約3時間です。トランジットだと、台北で1時間半ぐらい待たないといけないので、結構大変な気もします。が、台北からベトナム(ホーチミン)までは2時間なんですが、直行便だと5時間連続で飛行機に乗っていなければならないわけですから、その方が厳しい気がしました。トランジットだと途中で休憩できる感じである意味楽です。


台北の空港は初めてですが、非常に綺麗な空港です。


モノレールで乗り換える方のターミナルに向かいますが日本のそれと全然変わらないんですよね。


モノレールから外が見渡せます。この時、台湾は晴れていましたが、あとで出てきますけどベトナムは大雨。今回訪問したホーチミンは5~10月まで雨期なんです。11~4月は換気で、一番気温が高いのは雨期前。連日40度近くの気温になります。


→次のページではベトナム行きの飛行機に搭乗です!