交通事故をめぐる損害賠償の問題は、その大半が示談によって解決されています。ところでこの示談、一度成立したらやり直しがきかないってご存じでしたか?(前回の記事はコチラ

示談とは

画像の代替テキスト
やり直しや取り消しはできません。
民事上の争いごとを、当事者同士の話し合いで解決することを「示談」といいますが、交通事故をめぐる損害賠償の問題で、訴訟にまで発展するのは極めて稀で、大部分のケースは示談によって解決されています。

最近ではほとんどの自動車保険に保険会社が相手方との示談交渉を代行してくれるサービスが付いていますので、人身事故でケガの程度が大きい場合などを除いては、当事者はあまり示談というものを意識せず、保険会社のペースで話が進んで、最終的に用意された書類にハンコを押すだけ、というのが一般的なパターンでしょう。

ここで、保険会社から送られてくる書類のうち、損害賠償の額や支払いの方法などの合意内容を書面にした「示談書」(「免責証書」など異なる名称の書類が用いられる場合もあります)については、何気なくハンコをついて提出してしまうと、後でやり直したり取り消したりすることができませんので注意が必要です。


示談成立後に後遺症が発生したら? 次のページへ>>