自賠責保険ってどんな保険?

車に乗るなら任意保険に加入を! 自賠責だけでは補償が物足りません
自動車保険には法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、契約者が自由に「加入する」「しない」を決める「任意保険」があります。普段、テレビCMやネットの広告などで見かけるのは「任意保険」です。

「自賠責保険」は車の保有者が必ず加入する強制保険です。保険料は車種や契約する年数により決まります。

保険金は、次のように一律で決まっています。補償されるのは事故でケガをした人だけ。自分は含まれません。
  • 傷害 最高120万円
  • 後遺障害 最高4000万円
  • 死亡 最高3000万円
昨今は賠償額が1億円を超える事故も珍しくないため、保険金は最低限のものと考えていたほうがよいでしょう。「だったら自賠責で1億円の保険金にしたい」と思うかもしれません。残念ながら保険金は一律なので、もっと補償を大きくしたい人は任意保険に加入することになります。

任意保険ってどんな保険?

任意保険は、自賠責の保険金を超える賠償金が発生した場合に役立つ保険です。しかし、加入するかどうかは個人の意思に任されています。

保険料は等級という制度や加入する人の年齢などによって左右されます。また、保険種目も自賠責では「対人賠償」オンリーだったのに比べ、幅広くなります。一般的な保険種目と保険金は以下の通りです。
  • 対人賠償 無制限
  • 対物賠償 無制限
  • 自損事故 1500万円
  • 無保険車傷害 2億円
  • 搭乗者傷害 1000万円
  • 人身傷害補償5000万円
  • 車両保険 250万円(※車の価格により変わります)
保険の種目を見てもわかる通り、ケガをさせた相手は対人賠償で補償するほか、壊したモノは対物賠償、自分のケガは搭乗者傷害……といった具合に、補償の幅も広くなります。

結論!自動車に乗るなら自賠責+任意保険で

「そんなに補償があるなら任意保険だけでもOK?」……残念ながらそれはできません。自賠責保険に未加入の場合、法律によって罰せられます。

万が一自賠責に未加入で加害者になり、相手に後遺障害で1億円の損害を負わせた場合、自賠責から出るはずだった4000万円の保険金は自己負担になります。

逆に自賠責加入、任意保険未加入なら、1億円の損害のうち4000万円は自賠責で出ますが、残りの6000万円は自己負担に。これも怖い状況です。車に乗るなら、自賠責保険と任意保険の両方に加入して、しっかり備えておきましょう。

【関連記事】
知っておこう! 自賠責保険
自動車保険の補償内容と補償額の決め方~基礎編~
年間3万円ダウンも?自動車保険を安くする方法
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。