交通事故の金銭的負担を減らすための自動車保険

自動車保険の補償内容によって事故で受ける負担も変わります。
これまでお話してきた通り、過失割合によって必ずしも相手からすべて損害賠償を受けることができるとは限らないわけです。

仮に裁判等で相手から損害賠償を受けることができたとしてもその結果がでるまでに時間がかかりますし、それまでの治療費や修理代などは自己負担しなければならない可能性もあります。

相手から受けるべき賠償を自分の自動車保険から補償できるようにしておくのは以下の2点。
  • 人身事故:人身傷害補償
  • 物損事故:車両保険
もちろん負担するコストとのバランスがあるのでそこは考えなければなりませんが、自動車保険の契約の際には検討してみてください。

損害保険ガイドから今日のポイント

交通事故と過失割合の決まり方を知って、自動車保険のプランニングをしてみよう。


【関連記事・関連サイト/過去の人気記事や関連情報満載です】
交通事故は自由診療より健康保険って本当?
自動車保険、等級の引継ぎQ&A事例集
事故やトラブルで困ったら・事故相談

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。