海外旅行の渡航先では病気やケガをしたり、カバンを盗まれた、預けた手荷物が届かない、モノを壊して弁償するように言われたなどさまざまなトラブルがあります。

また日本国内での旅行と異なり言葉が通じない、病気になったときに日本では考えられないような高額な医療費がかかるなど予想もつかない問題が発生することがあります。海外旅行保険は、これらの色々なトラブルを補償するものです。



海外旅行保険の補償内容(主なもの)

・病気やケガの死亡保障・後遺障害
・病気やけがの治療費用
・賠償責任
(誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊した場合の損害賠償補償)
・携行品損害
(バック、カメラ、衣類、腕時計など)の携行品の破損や盗難の補償)
・救援者費用
(捜索救助費用や家族が現地に行く交通費・滞在費用などの補償)
・航空機寄託手荷物遅延費用
(手荷物が届かない場合の身の回り品を購入費の補償など)
・航空機遅延費用
(出発遅延・欠航・運休により代替機を利用できない場合の宿泊費などの補償)
・緊急一時帰国費用
・入院一時金
(病気やケガで2日以上続けて入院した場合の一時金)

海外旅行に慣れている人も多いと思いますが、事故や病気、トラブルに遭うことは誰にでもあります。必要以上に保険に多く加入することはありませんが、言葉の通じない海外で入院したり、トラブルに遭うと心細いものです。海外旅行保険は、24時間日本語での事故対応サービスをしています。

海外旅行保険の中でも特に補償を手厚くしておきたいのが、「病気やけがの治療費用」と「救援者費用」です。日本国内のように健康保険証を提示して3割負担というわけにはいきません。

数百万かかることも珍しくありませんから、病気やけがの治療費用の補償が200~300万円では十分な金額とは言えませんから、契約の際にはこうしたことも考慮して検討してみましょう。
海外旅行保険の選び方・比較
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。