海外旅行に行く際に、何らかのかたちで海外旅行保険に加入してから渡航することが多いと思います。海外旅行保険がどの程度役に立つものなのか、具体的にメリットとデメリットを挙げて考えてみましょう。



海外旅行保険のメリット

・24時間365日、日本語にて事故対応を行う
・ケガや病気の治療費用がキャッシュレス、契約金額を上限に実際の損害が支払われる
・病気やケガ、盗難、損害賠償などさまざまなトラブルに対する補償がある

言葉も通じない国で体調を崩して入院したり、カバンを盗まれたりしたら誰でも不安になります。こうした場合に日本語で相談できる先があるのはやはり心強いところです。

また入院費用が海外旅行保険で支払いになると言っても、一時的に自分で立替えをしなければならないようでは負担が大きくなります。その意味でキャッシュレス対応してもらえれば安心感は違います。

海外旅行保険のデメリット

・保険引き受けリスクの高い契約については制限があったり引き受けしない
・その国の僻地のような地域に行く場合、観光地ほど対応が充実していないことがある

ここに挙げたものはデメリットというものとはちょっと違うかもしれませんが、頭に入れておきたいところです。海外旅行保険も保険ですから、リスクが高いようなら契約引き受けに制限が入ります。

旅行に行く国の危険度、自分の体の健康状態、旅行先で危険なスポーツ(スカイダイビングとか)をしないかなど保険契約の大きく関係するところです。該当する場合は現地の状況・環境なども調べて他に対処方法がないか確認しましょう。

また一般的な観光地であれば対応に問題はないでしょうが、ちょっと外れた場所や秘境のようなところに行く場合(場所によっては医療機関が充実していないケースもある)には、海外旅行保険の事故対応状況もチェックしましょう。
海外旅行保険の選び方・比較
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。