2009年オーブンレンジ、注目のトップ3は?

今年発売の新製品から、注目の3機種をピックアップ!お買い物の参考にして下さい。

今年発売の新製品から、注目の3機種をピックアップ!お買い物の参考にして下さい。

食欲の秋、行楽の秋!そして年末年始のイベントシーズンを控える今、調理家電が欲しくなる季節です。中でも“オーブンレンジ”は、どのご家庭にも一台はある家電と言っても過言ではないほど普及率の高い家電! 日々の調理はもちろん、おもてなし調理にも大活躍します。

 
しかし最近は、過熱水蒸気(スチーム)搭載が当たり前となり、いったいどれを買えばイイの?と迷う方も多いのでは。そこで今年発売の新製品から、注目の3機種をピックアップしました。お買い物の参考にして下さい。 

東芝 「石窯ドーム」

注目度No.1は、東芝「石窯ドーム」。今年はデザインも一新し、その名のとおり「石窯」のような焼き上がりを目指したオーブン機能を強化してきました。ポイントは、扉デザインからもイメージできる「ドーム型」。それでは、そのポイントをご紹介しましょう。


ドーム型の天井で、熱風が循環しやすく!(東芝ニュースリリースより)

ドーム型の天井で、熱風が循環しやすく!(東芝ニュースリリースより)


今までレンジと言えば箱型でしたが、石窯のように天井をドームのように丸くすることで、熱対流や温度のムラを軽減しているとのこと。実は四角い天井より丸い方が、上部に空気が滞らないとのこと。確かに、ドーム型の方が庫内に熱風が回り易いのは、感覚的にも納得ですね!


 
オーブン皿の淵に穴があることで、そこから熱風が通り抜け、食材を包み込みます。(東芝ニュースリリースより)

オーブン皿の淵に穴があることで、そこから熱風が通り抜け、食材を包み込みます。(東芝ニュースリリースより)

加えて熱循環が加速するよう、底面・サイドからも熱風が出て、庫内の上下部分の温度差は10℃以下に低減。また、オープン皿が熱循環を妨げないよう、角を45度にカットしたり、角皿の淵に穴を開けることで、熱がオーブン皿を包み込むような工夫が施されています。オーブン皿の穴などは、本当に些細なことですが「なるほど~」と感心してしまいました!

 

天井の形と同様の曲面ヒーターなら、端に行くほど食材までの距離が近い!(東芝ニュースリリースより)

天井の形と同様の曲面ヒーターなら、端に行くほど食材までの距離が近い!(東芝ニュースリリースより)

また、天井がドーム型ということは、ヒーターも同様に曲面になっています。これは、グリル調理の時に威力を発揮! 従来の四角い庫内の場合、中央より端の熱が逃げやすいため、火力が落ちて焼きムラができる傾向がありました。しかしドーム型なら、端ほどヒーターから食材までの距離が近くなるため、焼きムラが軽減されるそうです。これも納得!の構造ですね。

 

今機種では、パンメニューを強化したのも見逃せません。過熱水蒸気機能=スチームを活用することで、「ゆでる」行程が必要なベーグルもそのまま焼けるとか! これはなかなか魅力的です。もちろん、本来の過熱水蒸気調理もバッチリ。従来から搭載している「適温スチーム」は、95℃から35℃の低温スチームで、卵調理やレアステーキなど温度管理が難しい料理が手軽にできると、好評です。

【関連サイト】
東芝ホームアプライアンスのリリース



シャープ 「ヘルシオ」

続きましては、ウォーターオーブンというジャンルを確立した「ヘルシオ」。過熱水蒸気=ヘルシオと言われるほどの存在感は、なかなかのものです! 今年は、そんな人気機種にお手頃価格が登場。一度は「使ってみたい」と思いつつなかなか手が出せなかった人にとっては、ヘルシオデビューのチャンスです。


お手頃価格とはいえ「ヘルシオ調理」がしっかりできるのが魅力!

お手頃価格とはいえ「ヘルシオ調理」がしっかりできるのが魅力!


まず気になる価格ですが、最上位機種の半額以下となっています。もちろん、その価格分の差はありますが、なかなか思い切った価格です! しかも、肝心の過熱水蒸気については、その性能に手を抜いていません。要するに、お手頃価格とはいえ一番気になる“ヘルシオ調理”は、しっかりできる訳でして、これが何と言っても魅力的なところ。

 

液晶パネルは白黒で、メニュー数が少ないなど、その他の使い勝手で低価格を実現!

液晶パネルは白黒で、メニュー数が少ないなど、その他の使い勝手で低価格を実現!



ちなみに、上位機種と比較して異なるのは、液晶パネルが白黒である点、庫内容量が30L→26Lと小さいのに外形寸法が若干大きい点、上位機種には288ある自動メニューの数を「ヘルシオで作ってみたい」という42メニューに厳選した点、など。これらの機能は多少落ちても問題なしと思えるなら、買っても損はないはずです。


 

しかし、どうせ買うならやっぱりフルスペックがいい!と思う人には、以下の最上位機種がおすすめ。きっと高い満足感が得られます!


特にガイドが気に入っているのは、メニューの検索機能。カラー液晶パネルをパラパラとめくりながら、たくさんのメニューが楽しめるのもヘルシオの良さなのですが、さすがに288メニューもあると、探すのが大変なのも事実。そんな不便を、今回は見事に解消してくれました。

例えば「カロリーが気になる・塩分を抑えたい・野菜不足が気になる」など目的別から、「肉・魚・野菜」など材料から、最近作ったメニューから、料理の種類からなど、いろんな切り口で検索できます。さすが上位機種、たくさんのメニューを上手に使いこなせそうですね!

【関連サイト】
シャープ「ヘルシオ」紹介サイト



パナソニック 「3ツ星ビストロ」

最後は、速さとおいしさが見事に両立されている、パナソニック「3つ星ビストロ」です。発売以来、奥様の支持が高くヘルシオと人気を2分しているとか。それでは、今期の新製品をご紹介しましょう。

>>3つ星 ビストロ NE-R3200(価格.com商品ページへ)



新「光ヒーターシステム」解説図(Panasonicニュースリリースより)

新「光ヒーターシステム」解説図(パナソニックニュースリリースより)


パナソニックは、グリル調理に力を入れているのが特徴。昨年から搭載した、従来のヒーターより立ち上がりが早く火力も強い「光ヒーターシステム」や、マイクロ波により発熱する独自の「グリル皿」をさらに強化。また、新開発の新開発の立体形状アンテナで、より効率的にグリル皿を加熱します。

これらにより、侃リル皿に面している裏面もこんがり焼き上げ、フライパンで焼いたような仕上がりを実現しています。

 

油と混ぜたパン粉をつけるだけで揚げ物ができる「ヘルシーフライ」は便利!

油と混ぜたパン粉をつけるだけで揚げ物ができる「ヘルシーフライ」は便利!



さらに今回注目だったのが「ヘルシーフライ」の自動メニュー。少しの油で、カラッとした揚げ物ができるため、ヘルシーであること。油と混ぜたパン粉をつけるだけと、簡単にできること。油の後始末や周囲の掃除など、手間がかからないこと。と、本当にイイことづくめ!これなら、揚げ物の登場回数もぐんと増える気がします。

 

また、前機種から搭載された「合わせ技」は、上はグリル・下はマイクロ波を使い、同時に調理ができる画期的な機能。焼きものと煮物のように調理方法が違う2品が同時に仕上がるのはかなり便利です!

この他、冷凍ごはんと常温のお惣菜が同時にあたためられる機能など、省手間・時短につながる機能が満載のビストロは、まさに忙しい主婦におすすめの一台といえるでしょう。

【関連サイト】
パナソニック「3ツ星ビストロ」紹介サイト




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。