Windowsフリップ <Indexに戻る>

以前、『Windows XPデスクトップ改造計画8』でタスク切り替えウィンドウの内容がプレビューされる「Alt-Tab Replacement」というユーティリティを紹介したことがあった。Windowsフリップは、これの高機能版と理解して頂ければ分かりやすいと思う。

Windows Vistaで、[Alt]キーを押しながら[Tab]キーを押すと、開いているウィンドウのサムネイルが表示される。[Alt]キーを押したままで[Tab]キーを押したり離したりすると、その度にウィンドウが選択される。

また、[デスクトップ]のサムネイルを選択すると、すべてのウィンドウを簡単に最小化できる。

Windowsフリップ 3D <Indexに戻る>

Vista Aeroの極め付きは何と言ってもWindowsフリップ 3D だろう。デスクトップに展開されているウィンドウをすべて三次元化し、名刺くるくるのように回転させてくれる。ビデオ再生中のウィンドウもそのまま表示できるのは驚きだ。

  ● キーボード操作

[Windows]キーを押しながら[Tab]キーを押すと、開いているウィンドウが三次元で整列される。そのまま押し続けるとウィンドウが回転するので、選択したいウィンドウが一番前に表示されたところでキーを離す。

  ● マウス操作

[クイック起動]ツールバーの[Windows Switcher]をクリックすると、開いているウィンドウが三次元で整列される。マウスのホイールを回すとウィンドウが回転するので、選択したいウィンドウをクリックする。


Windows Aero を実現するためには、最低限次のシステム要件をクリアーする必要がある。

     ・1GHzの32 ビットまたは64 ビットのCPU
      ・1Gバイトのシステムメモリ
      ・DirectX 9をサポートするディスプレイアダプタ
      ・128Mバイトのグラフィックメモリ
      ・DVD-ROM ドライブ など

たしかにAeroが要求するシステムのハードルは非常に高いが、一度Aeroの世界を経験すると、それだけの価値はあると納得できる。

また、Windows Vista にはAero の他に、検索機能の充実、セキュリティの強化、システムの堅牢性、バックアップ機能の拡充など優れた機能が満載されている。

キャッチコピー風にいえば「見た目だけでなく、実力も備えた大型新人。5年ぶりに登場!」というところだろうか。  

【関連ガイド記事】

Vistaのスタートメニュー、使いやすいの?

Windows Vista 最初にする設定 1

Windows Vista 最初にする設定 2

Windows Vista 最初にする設定 3

子供を有害サイトから守る (Vista)

Aeroオフで快適操作 (Vista)

システムを復元する(Vista)

パブリックフォルダを有効にする(Vista)

ワンクリックでフォルダを開く(Vista)

パソコンのパフォーマンスを調べる(Vista)

[送る]メニューに項目を追加 (Vista)

検索インデックスの対象を追加する(Vista)

すぐにスリープから復帰したい(Vista)

Windowsのログオンを自動化する

(酒井雄二郎)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。