パブでドリンクを注文しよう!

パブのカウンター"
パブのバーカウンターと、1パイントのラガー
パブでの注文の基本は、「キャッシュ・オン・デリバリー」。バーで注文して、ドリンクを受け取った時点で代金を支払うシステムです。支払いが済んだら、そのままバーで飲んでも、空いている席に座って飲んでもよし。パブでは立ち飲みでも着席でも値段は変わりません。

■ビールの種類
イギリスのパブで飲みたいのは、もちろんビール!日本では、きりっと冷えたサワヤカな「ラガー」が主流ですが、ぜひイギリスらしいぬる~いビール、「エール」を試してみてください。慣れないうちは「不味い!」と思うかもしれませんが、ラガーにはない、複雑な味わいと深いコク、そしてフルーティーな香りが楽しめますよ。エールは小規模な醸造所で作られていることが多く、各地に地ビールがあります。

・ラガー(lager)……炭酸が強め、冷やして飲む、黄金色
主なブラントは、フォスター(Foster)、ステラ(Stella)、カールスバーグ(Carlsberg)、クローネンブルグ(Kronenbourg)など

・エール(ale)……微炭酸、常温で飲むのが主流、琥珀色
主なブラントは、ロンドン・プライド(London Pride)、ジョン・スミス(John Smith’s)、テトリーズ(Tetley’s)など。

・スタウト(stout)……微炭酸、黒ビール、常温が主流
主なブランドは、ギネス(Guinness)、マーフィーズ(Murphey’s)

■ビール以外に飲めるのは?
バーには一通りのアルコールは揃っているので、カクテルやワイン、ウィスキーも頼めば出てきます。ここではイギリスのパブらしいドリンクをご紹介しましょう。

・サイダー……りんごのお酒。少々甘みがあるので油断してしまいますが、アルコール度は、ビールとほぼ同じ。飲みすぎには注意!

・ピムズ・アンド・レモネード……イギリスの夏に人気のカクテル。秘伝のカクテル原液ピムズをレモネードで割り、オレンジやイチゴ、キュウリなどが添えられます。

■注文の仕方
生ビールの場合、サイズは1パイント(one pint)とハーフパイント(half pint)の2種類。1パイントは約570ml。ハーフパイントはその半分です。注文するときは、「A pint of Guiness, please(ア・パイント・オヴ・ギネス、プリーズ)」のように、希望のドリンクの銘柄とサイズを指定するだけ。銘柄がよく分からなければ、「A pint of ale, please」と、ビールの種類だけを指定しても良いでしょう。