3 坂井温泉 湯本館 (再訪)


1. 総計8,946mgの等張性の源泉
2. 鉄分34.7mgの源泉で強い赤色が出色
3. カラン自在だが源泉の出が少量過ぎる



坂井1
海沿いのコンクリートの新館、裏に旧館もある

10年ほど前に知多半島の温泉を廻った時に訪問して赤い湯の記憶が強く、再訪した。

坂井2
庭先の源泉施設

海岸沿いに新館が建っているが、隣に古い木造の宿もあり風情がある。しかし使われていないようだ。庭にはかえるの彫刻のある、源泉井戸があり浅い地点から湧出しているそうだ。

坂井3
男湯は薄い赤褐色

潮干狩りのできる遠浅の海岸に面した宿で、中部国際空港も眺められる。湯は総計8,947mgの含鉄土類食塩泉(Fe-NaCa-Cl)で特記成分はFeの34.7mgという、濃い鉄分である。

坂井4
女湯は強力な赤色

露天風呂だけが温泉利用で循環加熱である。しかし源泉カランも付属している。カランの湯量は少なくちょろちょろと出るだけである。

坂井5
驚くべき赤さである

男湯は濾過装置が細かく鉄分を取り去っているのでやや薄い赤褐色であるが、御主人に案内された女湯は強烈に赤い湯であった。

坂井6
オーバーフローが分かる浴槽

赤褐色(7センチ)塩苦味+鉄渋味多し、金気臭と観察した。女湯の赤さは国内屈指のものであろう。


坂井温泉 湯本館 (再訪)
愛知県常滑市坂井西側1番地
電話番号:(0569)37-0006
日帰り入浴 500円 子供 400円
営業時間  8時~22時 
定休日 無休 
  • 坂井温泉 湯本館 


    次は掛け流しの新鮮な湯、半田天然温泉 「ごんぎつねの湯」