あさば6
竹で作られた透けた障子


どの部屋もシンプルながらスマートな造りで、和風宿の部屋としてはいままで各所の温泉宿を見てきたがかなりのレベルの高さである。浴室は大きな池に面した露天風呂と扇型の内湯および、楕円形の樽風呂である。修善寺共同源泉を掛け流しで使っている。


あさば7
幽玄な雰囲気を醸し出す夕景




透明、無味、無臭であるが欲を言えば独自源泉で匂いがあるとさらに良い。新井旅館でも言っていたが独自源泉はあるが使えないとのことで、ここも同じく独自源泉はあるらしい。




あさば8
背景を照明した露天風呂夜景


いっそ集中管理をやめてしまえば良いと思った。食事がここの白眉であるとのことだが、私にはわからなかった。


あさば9
扇形の内湯は木枠と石造り


なお修善寺で独自源泉を使っている宿を発見した。新井旅館奥の民宿ふくいである。唯一の独自源泉を利用しているとのことで、300円で入浴できる。


あさば10
樽の小判型の浴槽も清々としている



※この記事に書かれている情報は2005年8月時点のものです。ご利用の際には最新情報をご確認ください。


*伊豆特集*
  • 伊豆半島、天城山麓の温泉、大滝・七滝温泉
  • 湯ヶ島の文化財の宿、落合楼村上 吉奈の芳泉荘 中伊豆の老舗旅館、2題
  • 伊豆半島、天城山麓の温泉2 湯が野温泉
  • 中伊豆の名湯たち 修善寺、伊豆長岡、湯ヶ島1 
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。