初心者ネイルアートから少しだけレベルアップできるネイルアートに挑戦! 今回はキラキラグリッターを使用した簡単グラデーションネイルのやり方をご紹介しましょう。安価でカラーが豊富なグリッター類は、100円ショップやネイル用品を扱うお店には必ず販売しているような身近なネイルグッズです。
お手軽簡単グリッター
ちょっとしたテクニックでネイルサロン並みのアートに挑戦!

グラデーションネイルには何が必要?

■グリッター各種
色とりどりのカラーバリエーションが豊富。グリッターの他にもホログラムなども各種あります。
ムラキBeauty Nailer Lame Lame 199円)
一つのお値段が100円~と大変安価なものが多いところが魅力。グリッターが既に混ざっているタイプのネイルポリッシュもありますが、それを買うよりもグリッターを単品で購入した方が安く済みます。なのでカラーバリエーションも増やしやすいですね。

グリッターの種類には特に名称はありませんが、大きく2つのタイプに分けることができます。光が7色に輝き偏光性のあるオーロラ系のタイプと、偏光性のないマットなタイプがあります。オーロラ系は様々な光が輝くことによってやさしい印象を与えます。また偏光性のないグリッターはその色自体が発光しているようで、はっきりとした強い色味が特徴です。

■グリッター専用のトップコート
グリッター専用トップコート。100円ショップなどで購入できる安価なものでOK!
手持ちのトップコートでもいいのですが、グリッターを使う時専用のものを1本用意しておくと便利です。トップコートのはけに付着したグリッターは、取り除くのに少々手間がかかります。また、グリッターがはけの内部に入ったままにしておくと、次に使った時にグリッターが出てきてせっかくのネイルアートを汚してしまうことがあるのです。

使用後に保管しておく際には、必ず横に寝かせずに立てておくこと! これははけの内部に残留したグリッターが自然にトップコートの底に溜まっていくからです。次に使用する時は底をかき混ぜないように使ってください。

グラデーションを実践!

 
1.ベースコートやカラーを塗ります。
 
2.トップコートのはけの先に、少量のグリッターをつけます。
 
3.ある程度ベースが乾いた上から少しずつグリッターを塗っていきます。
コツは「塗る」というより「置く」という感覚。ネイル中央よりやや上あたりから薄めに置き、先端にいくにつれてグリッターの量も多めに濃くしていきます。

 
4.さて、徐々に色が濃くなってきましたね。一度にたくさんのグリッターを塗ろうとすると失敗してしまうことが多いので、少しずつ重ねていくのがベターです。
 
5.だいぶグラデーションらしくなってきました。隙間を埋める感じで最後にバランスを整えます。
 
6.完成です! 爪の中央に向かって薄くなっていくグラデーションネイルが出来ました。