まずはクルマの冬支度を


雪国以外のほとんどのドライバーは、雪が少しでも積もるとお手上げ。スキーやスノボに行くにしたって、自分で運転するのなんかとんでもないと思ってる人が多い。でも、ほんとはそんなに怖がるほどのことじゃないんだ。確かに東京なんかでは、ちょっとした雪で事故や大渋滞になりがちだけど、それはクルマが冬支度をしていないから。雪や低温への対策をしっかりやっておけば、初心者だって安全に雪道ドライブを楽しめるってことを知って欲しい。
都会の雪
雪国に限らず、不意の積雪で都会の交通がマヒすることもある。万一に備えてチェーンの一つくらいは持っていたい




チェーンかスタッドレスタイヤか


じゃ、雪道にはどんな準備が必要か。まずは足元だ。スタッドレスタイヤを選ぶか、チェーンを選ぶか悩むところ。両方用意できれば一番だけど、これは雪道を走る回数を考えて。1シーズンに1,2回しか雪道を走る機会がないならチェーンだけでも十分。スタッドレスはチェーンと違って履きっぱなしでいいというのが魅力だけど、いくら年々性能が進化しているとはいえ、通常の舗装路では普通のタイヤにかなわないからだ。

チェーンは価格が安く、凍結路でのグリップ性能ではスタッドレスに勝るというのがメリット。ただし、購入したら、出かける前に最低1回は装着の練習をしておこう。最近では装着方法も手軽なものが増えている。

クルマの中身も低温対応に


また、クルマの中身も冬対策を。エンジンオイルは低温対応のものに交換、冷却水(LLC)の濃度も上げて凍結を防ごう。ウォッシャー液も凍結を防ぐために水で薄めず原液で入れ替えておく。このあたりは面倒だったらディーラーやカーショップで相談するといい。低温ではバッテリーの能力も低下するので、2年以上使っているバッテリーなら、この機会に新品に交換しておくと安心だろう。

このほか、ケミカルも買いそろえておくとベター。ウインドウの水をはじくための撥水剤は、冬には雪が凍り付くのも防いでくれる。また凍結したカギ穴などを溶かす解氷剤なども用意しておくと万全だ。

All About関連記事


冬のドライブは情報集めが大事
路面状況をつかんで走ろう
雪国での駐車にはコツがある
雪に慣れた帰り道こそ注意!

関連サイト


スノードライブの基礎知識
中古車情報誌カーセンサーの特集記事。雪道へ行くならまずこれを読んで対策を考えよう。
冬の安全ドライブのために
スタッドレスタイヤの解説、雪道を安全に走るためのポイントなど。
雪道運転テクニック
国土交通省・新潟県長岡国道事務所HP内のコンテンツ。Q&Aによる雪道運転のノウハウ紹介、管内主要道路のリアルタイム情報へのリンクも。
ユキイロドットコム
日本道路公団の中部支社・関西支社による雪道情報総合サイト。降雪予測、ライブ画像、アドバイスの他、メールで降雪状況を通知するサービスも。
雪道の安全運転
グッズ、ドライビング、ありがちトラブルなど、経験に基づくアドバイスが充実。雪道に出かける前にはぜひ読んでおこう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。