台湾旅行の目的はグルメ! という方、たくさんいますよね。本当に台湾は楽しいグルメの街。ディナーだけなんて勿体ない! そこで今回はグループでこそ行きたい、朝昼晩にスイーツと本気で台湾中華を楽しむモデルプランをご紹介します!

<記事index>
  • 昼:ランチにぴったり! 『度小月』の担仔麺……P1
  • 晩:大勢で行きたいディナー、ナンバー1! 北京ダック……P
  • おやつ:これを食べないで帰れません! 中国宮廷菓子『京兆尹』……P
  • 朝:1日のはじまりは台湾式朝ごはんで腹ごしらえ! ……P4


ランチにぴったり!『度小月』の担仔麺

蚵仔酥
『蚵仔酥』150元(約540円)。台南の夜市などでも売られる人気メニュー。
台湾に来たら一度は食べておきたいのが、台南名物『担仔麺(タンツーメン)』。それならぜひとも『度小月(ドウシャオユエ)』へ!

度小月
おしゃれなインテリアの店内で台南料理を堪能しましょう。
台湾南部の街・台南で『担仔麺』といえばここ『度小月』。台南でお店を始めて今年で112年目になるという、まさに台南を代表するお店なのです。この台南名物が台北で味わえるだけではなく、モダンでスタイリッシュな空間でいただけるので、旅行プランにぜひ組み込みたいお店です。日本から午前便で到着後、荷物を置いてすぐに度小月へ行くというのもいいですね。

担仔麺
『担仔麺』50元(約180円)さっとゆでた細めの麺ともやしに肉ダレとスープをかけ、おろしニンニクと香菜等をのせてできあがり。
度小月の担仔麺は小ぶりの碗に入っているので、1人1杯ずつオーダーしても大丈夫です。台湾風煮卵『滷蛋(ルーダン)』は担仔麺と相性がよいので、追加トッピングとしておすすめです。担仔麺の麺はやわらかめですが、これが台湾人好みの茹で加減。のびないうちにいただきましょう。

度小月
『黄金蝦捲』150元(約540円)。
度小月を訪れたなら、こちらも台南名物の『黄金蝦捲(ホワンジンシアシュエン)』も忘れずにオーダーしましょう。海老のフライなのですが、日本の海老フライや天ぷらとは違います。海老が一匹丸ごと入っているのではなくて、すりつぶした海老をからりとあげたもの。海老のプリプリ感と衣のサクサク感がたまりません!また台南っ子の好物、牡蠣フライ『蚵仔酥(オーアーソー)』や、青菜を熱いお湯で茹でて味付けした『燙青菜(タンチンツァイ)』もおすすめ。台南名物の数々を、じっくり味わってくださいね。

度小月入り口
度小月は月曜から土曜までの営業時間が深夜1時まで延長しました。
<DATA>
■度小月(ドゥシャオユエ)
  • 所在地:台北市忠孝東路四段216巷8弄12号(最寄り駅 MRT忠孝敦化駅)
  • TEL:(02) 2773-1244 
  • 営業時間:月~土11:30~01:00,日曜11:30~22:00
  • 定休日:旧暦の大晦日の前日と大晦日は休業(2008年は2月5,6日)、そのほかの日は営業しています。


次ページでは、大勢で行きたいディナー、ナンバー1! 北京ダックをご紹介します!