旅行だけでなく、ビジネスの拠点としても多くの人が訪れて滞在する台北。長期滞在者向けにオープンして8年を迎えるのが「伊通公寓」だ。伊通(イートン)マンションと呼ばれて、リピーターが後を絶たないほど人気のサービスアパートメントを紹介する。
安全や清潔さ、サービスのよさを重視すると、決して安くはない台北のホテル事情。その中でも伊通マンションは6000円ほどで安全、清潔、サービスのよさが得られる貴重な宿泊施設なのだ。
*2005年10月現在の情報

やさしい気遣い、オーナーの郭さん姉妹

(左)郭素蘭さん、(右)郭素瑛さん
オーナーの郭さん姉妹、日本語もできてやさしく迎えてくれる。笑顔とこまやかなケアでリピーターも多い。単身赴任などの長期滞在者の利用が多いが、1泊など短期間の旅行者や出張者でも部屋が空いていれば宿泊が可能だ。

伊通マンションは、看板を大きく出していないので初めての場合は見つけにくいかもしれない。南京東路と伊通街の交差点、もしくは伊通公園が目印で、伊通公園に面している。隣には、豪悦飯店というビジネスホテルがあるのでこれを目印にしてもよい。

entrance entrance

(左)入り口は一見するとマンションの入り口風 (右)目の前にある伊通公園


安心のセキュリティ

24時間体制でスタッフが常駐
エントランスには、スタッフが24時間常駐している。夜中は、スタッフが宿泊客を確認してからでないと自動ドアを開けてくれない。また、宿泊客以外はエントランスまでしか入れないため、女性の宿泊客も安心できる。
チェックインは、エントランスに常駐のスタッフに告げると2Fの事務室から郭さんが来てくれる。事前に宿泊予約しているため、セキュリティ・スタッフに名前を告げればよい(スタッフは簡単な日本語ができる)。チェックインやチェックアウトの手続きは、基本的に2Fの事務室で済ます。
エントランスには、日本経済新聞、日本の週刊誌、台湾の情報誌、郵便受けがあるので滞在中はここで新聞などを読むこともできる。また、宿泊客を訪ねる来客とはここ(もしくはB1Fの共有スペース)で面会する。

entrance


客室は2タイプ

公園に面した角部屋は人気が高い
部屋のタイプは2種類。デラックス(広い部屋)かスタンダード(小さい部屋)だ。ベッドはいずれもシングルベッドが一つある。エキストラベッドを追加すれば、デラックスなら2名まで泊まることができる。いずれのタイプも、毎日掃除されるので清潔に保たれている。

部屋にはADSLのLANケーブルが完備されているので、インターネットアクセスも簡単。アクセス料金は無料なのがうれしい。

バスルームは、トイレ、シャワー付き浴槽、洗面台、給湯器をかねた給水機がある。アメニティも簡単ではあるがそろっている(ドライヤーあり)。シャンプーは、1回分のリンス・インタイプなので、気になる人は自分で用意した方がよい。バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの3種類と足拭き用タオルは、毎日取り替えてくれる(バスローブや浴衣は置かれていないので各自持参のこと)。

bath bath


スタンダード


スタンダード(小さい部屋)は、公園に面している側とビルに面している側の2種類ある。小さいながらも、事務机ちょっとした椅子とテーブルなどもあって、一人なら十分に使える広さがある。広いクローゼットやタンスがあるので、荷物を整理するのにも便利だ。

single single

single single


デラックス


デラックス(広い部屋)はスタンダードよりも広くて、中にはリビング付きの部屋もある。公園に面している側にだけ作られているので、デラックスは明るくて気持ちがよい。部屋にはソファが置かれているのでスタンダードよりはくつろげる感じがある。クローゼットもかなり大きく、タンスもベッドサイドにあるのでたっぷり収納が可能だ。

delax delax



次ページ:朝食、共有スペース、ホテルのデータ

*2005年10月現在の情報

*著作権は撮影者・阿多静香及びオールアバウトに帰属します。
*記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
*リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。