禁断の味……大人気の「人肉パイ」

『スウィーニー・トッド』
18世紀末のロンドンで大人気だった魅惑の人肉パイ。画像クリックで詳細がみられます。
18世紀末のロンドンを震え上がらせた連続殺人鬼といわれているのが、スウィーニー・トッド(Sweeney Todd)です。

時は1795年。スウィーニー・トッドは、ロンドンのフリート・ストリートで理髪店を営んでいました。しかし気のいい理髪店主というのは仮の姿。本当の彼は、妻と娘をうばった悪徳判事への復讐の機会を狙いながら、金持ちそうな一見の客の喉を剃刀で掻き切り殺すという残忍な連続殺人鬼だったのです。

一方、通りをはさんで向かい側にパイ屋を構えていたのは、トッドの愛人ラヴェット夫人。まずいと噂だったハズなのに、「特製ミートパイ」を売り出してからは、急に繁盛しだします。その秘密は……トッドの理髪店とパイ屋をつなぐ、秘密の地下道にありました。トッドの理髪店で殺された客の遺体が、地下道を通ってラヴェット夫人のパイ屋の台所へと運ばれていたのです。

そう、ロンドンで大人気の「特製ミートパイ」は、実は「人肉パイ」だったのです!!!

何とも不気味なスウィーニー・トッドのお話ですが、トッドが実在したかどうかは、定かではありません。1802年に処刑されたと伝えられていますが、公式の記録には残っていないようです。

実話なのかフィクションなのか? 本当のところは分からないけれど、この猟奇的なお話が、人々の心を捉えたのは事実。数々の映画やミュージカルのテーマとなっています。最近では、2007年はじめに演出・宮本亜門、主演・市村正親&大竹しのぶでミュージカルが上演されましたね。そして2008年には、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の映画が公開予定です。鬼気迫るデップ版のトッド、楽しみですね!


ロンドンの怪奇ネタはまだまだ沢山ありますが、今回はこのへんで。それではみなさま、涼し~い夏をお過ごしください。


【関連記事】
  • イギリス人にまつわるウワサ、徹底検証!……「イギリス人は本当に『紳士』なのか?」「フィッシュアンドチップスばかり食べているのは本当か?」など、巷でまことしやかに流れるイギリス人についてのウワサを徹底検証!
  • ネッシーを探せ!……ネス湖に住むと言われる、ナゾの巨大生物、ネッシー。目撃情報が出るたびに、いる?いない?の議論が起きるけれど、ホントのところはどうなの? ネッシー探しにネス湖へ行ってきました!

    【関連リンク】
    旅行が10倍楽しくなるコラム集……イギリスってこんなところ、イギリス人ってこんな人たち……生活すると見えてくる、イギリスのあれこれをつづったコラムを集めました。旅行の前に読んでおくと、旅がぐーんと楽しくなるはず!



    ガイドメールマガジンでは、ガイドサイトの本編では紹介しきれない、注目イベント、話題のお店などなど、イギリスの最新ニュースやお役立ち情報を、いち早くお届けします。ぜひ登録してくださいね!登録はコチラからどうぞ。
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。