文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

ネッシーぬいぐるみ
いる?いない? ネッシーのナゾを本気で追跡!
ネス湖に住むと言われる、ナゾの巨大生物、ネッシー。
この春にも、ネッシー激写のニュースがあり、いる?いない?の議論が再燃したばかりです。「いるわけないよ」なんて冷めた意見がある一方、「絶対にいないとは言い切れない」なんて学者さんもいたりして。

みなさんも「ホントにいたら、うれしいな」って、ちょっとは思っていませんか?

ということで、行って来ました、ネス湖!

【Index】
  • いざ、ネス湖へ。
  • ネス湖、飲んでみる?
  • ドロムナドロケット村で、ネッシーたちとご対面
  • ネッシーは、メスなの?
  • ついに遭遇! ネッシーの目撃者!

    いざ、ネス湖へ

    インヴァネス空港
    ネス湖への玄関口、インヴァネス空港。ネッシー探しに出発!
    ネス湖があるのは、スコットランドの北東部、ハイランド地方(Highland)です。ネス湖観光の拠点となるのは、ドロムナドロケット(Drumnadrochit)という小さな村。空港近くのインヴァネスの街から、日帰りのネス湖ツアーも沢山出ていますが、ハイランドの自然と村の雰囲気を堪能するには、ぜひぜひドロムナドロケット村での滞在をオススメします。

    まずはロンドンから飛行機で約1時間半のインヴァネス(Inverness)空港へ飛びます。イギリス国内ですが、ロンドンではあまり聞きなれない濃厚スコティッシュ・アクセントの英語が聞こえてきたり、ATMでお金を下ろせばスコットランドの紙幣が出てきたりと、ちょっとした外国気分を味わえますよ。

    空港から村までは、タクシーで約40分。インヴァネスの街を通過して、ネス湖の湖畔を走ります。

    ■ロンドンからドロムナドロケットまでの行き方
    飛行機: インヴァネス空港まで約1時間半。(ロンドンからは BA BMI Easyjetが運行)
    空港から: タクシーで約40分(料金のめやす約40ポンド)

    ※バス利用の場合、インヴァネス市中心部まで約20分、乗り換えて約30分(本数が少ないので、時間に余裕のある人むき。詳細は インヴァネス空港のウェブサイトで確認してください。)


    ネス湖、飲んでみる?

    触れるスポット
    唯一、ネス湖の水に触れるスポット。澄んだ水がとてもきれいでした
    村までの途中、長年ネス湖観光バスの運転手をしていたというドライバーさんの提案で、ちょっと寄り道。ドライバーさんによると、ココが唯一、ネス湖の水に触れられる場所なんだとか。

    不安定な足場を伝って降りて行くと、ネス湖はすぐそこ。静かな湖面が鏡のように周囲の山を映してとってもきれい。

    「キレイだから、飲んでも平気だよ。」というお話でしたが、ちょっとそこまでの勇気はなかった私たち。でも、「ココにネッシーが……?」と、気分は盛り上がります!

    ■ネス湖の水に触れる場所への行き方
    インヴァネス、ドロムナドロケット双方から離れているので、車が便利。タクシーの運転手さんに、「ウェリントン・ボマー(The Wellington Bomber)の記念碑があるところ」と伝えれば、連れて行ってくれるはずです。周りには何もないので、現地でドライバーさんにそのまま待っていてもらうか、帰りの時間を決めて迎えに来てもらうようにアレンジすること。

    >>それではいよいよ、ネッシーたちが待つドロムナドロケット村へ! 次のページでいよいよネッシーとご対面!