世界で唯一のビートルズ・ホテル、その名も「Hard Days Night Hotel」

2

ハードデイズナイトホテルの外観。2階部分にはメンバーの像が配置されています。

世界で唯一のビートルズ・ホテル、それがビートルズの出身地リバプールの中心部にある4つ星ホテル「Hard Days Night Hotel」です。ヴィクトリア朝時代の1884年に建設され、現在は歴史的重要建築物に指定されているセントラル・ビルディングスを改装して、2008年にオープンしました。宿泊客の70~80%は海外からのビートルズファンだそうです。

ビートルズが駆け出しの頃から、合計292回プレイしたというライブハウス キャバンクラブや、彼らが足繁く通ったパブ、ザ・グレイプスがあるマシュー・ストリートに面したこのホテル。まさに”ファブ・フォー”の名を冠した建物としては完璧な立地です。ちなみに、”ファブ・フォー(Fab4)”というのは、Fabulous Four(素敵な4人)という意味の略語で、ビートルズの総称としてよく用いられます。

3

ハードデイズナイトホテルの角からマシュー・ストリートに入る道。


ホテル内ツアーに出発!

4

玄関口のラウンジのデザインも所狭しとビートルズ

重い扉を開けて階段を上がり、さらにドアを開けるとラウンジとレセプションが。ホテル内に入ると目に飛び込む数々のビートルズグッズ。BGMにはもちろん彼らの曲が流れています。ファンとしてはテンションが一気に上がる瞬間ですね。有名人の利用も多いらしく、最近ではジャスティン・ビーバーや、マイケル・ブーブレ、ロバート・ダウニー・Jrも宿泊したのだとか。

8

結婚式の部屋として使われる“The Two of Us Suite”。壁には、それぞれのメンバーが一番長く連れ添った妻との写真が飾られています。

ちなみにガイドが宿泊した初日はホテルで結婚式と披露宴が開催されていました。こちらのホテル、結婚式・披露宴会場としても人気のようで、これまで年間平均で100組以上が式を挙げられているそうです。新郎新婦が必ずしもビートルズファンという訳ではなく、式場・披露宴会場として変わり種のため、人気があるとのことです。

9

最上階の5階まで続く螺旋階段

レセプションがあるグランドフロアから最上階の5階まで続く螺旋階段。壁面に飾られた一面の写真は、グランドフロアから順に、彼らの歴史を追えるようになっています。リフト(エレベーター)もありますが、ファンなら一度は階段を利用しましょう! ちなみに、ほとんどのゲストは5階から下ってバンドの歴史を振り返っていくそうです。

10

ラウンジ&バーに掲げられた象徴的な写真

上記写真には、ビートルズ、ジェリー&ザ・ペースメイカーズ、ビリー・J・クレイマー&ザ・ダコタス、そしてビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインが写っています。60年代初期リバプールの熱狂の音楽シーンが垣間みれるこの写真を眺めながら一杯やるのは一興です。カクテルもビートルズにちなんだ名前になっているんですよ。

それでは、いよいよお部屋に入って行きます。

客室に凝らされた工夫とは?

13

ガイドが宿泊した505号室

ホテルの客室は全部で110室。それぞれの部屋にビートルズにまつわる絵画が飾られているのですが、そのデザインは全部違うとのこと。「どんな絵にあたるか?」というのも泊まるときのひとつの楽しみになりますね。

14

ガイドが宿泊した部屋の絵画は、“熱唱するポール・マッカートニー”でした

絵画の他に、気が利いているな、と思わずニヤリとしたのが、ドアノブにかけるタグの文字。普通は、”Please Clean.“(掃除をお願いします)や”Please Do Not Disturb.”(構わないでください)”といったフレーズが使われていますが、さすがはビートルズホテル。ウィットに富んだフレーズで宿泊客を楽しませます。下の写真をご覧ください。

15

Let It Beのドアノブサイン

16

I Need Youのドアノブサイン


”Please Clean.“の代わりに”I Need You.“、そして”Please Do Not Disturb.”の代わりに”Let It Be.”と、それぞれビートルズのヒット曲タイトルになっているのです。しゃれてますよね。ちなみにガイドは、宿泊の日の前日から取材・取材で犬のように働いたので、この”ポール熱唱”の部屋で、丸太のように眠りました。しっかり休養がとれて、翌朝は、"I feel fine."でした。

ジョン・レノン・スイートにも潜入!

17

部屋に入ってまず目に飛び込んでくる白いグランドピアノ!

客室110個の中には、2つのスイートルームが含まれています。ジョン・レノン・スイートと、ポール・マッカートニー・スイート。今回、ゲストが到着する前のわずかな時間を狙って、ジョン・レノン・スイートを特別に見せていただきました。

18

文字通り、ジョン一色のお部屋です

ジョンが夢の中で歌ってくれそうなくらい、ジョン一色のレイアウトでした。この部屋はバルコニーにも出られるようになっていて、リバプールの街を一望できるのも良かったです。

次ページでは、ホテル内レストランの情報も!