OASIS(オアシス)ノエル・ギャラガーお墨付きオアシス・ツアー

1

ノエル・ギャラガーをよく知る人物、案内役のクレイグさん

イギリスを代表するロックバンド、OASIS(オアシス※現在活動休止中)。そのバンドの聖地を巡るツアーを、地元マンチェスターで体験できます。なんと、バンドの中心メンバーであるノエル・ギャラガーのお墨付きだとか。そのノエルいわく、「Sifters(シフターズ)は今もまだあるよ。なかなかのレコード店だ。Burnage(マンチェスターの街の名)に来る事があったら、行ってみるといいよ。“オアシス・ツアー”でも見て回れる場所だ。ツアーは、そこだけじゃなくて、マンチェスターでのオアシスの歴史の重要地点を巡れるんだよ!ツアーに参加してもいいけど、オレの母ちゃんにちょっかい出しちゃダメだぜ」。


OASISの音楽仲間が案内役

「マンチェスターといえば、ブリテッシュ・ロック!(特にオアシス!)」というあなたに、そんなオアシス・ツアーの全容を紹介しましょう。

ツアーの案内役は、ノエル・ギャラガーの旧友であり、80~90年代に起こったマッドチェスター・ムーブメント(マンチェスターを中心とし、世界に広がったロック・ムーブメント)の重要バンドの1つ、“インスパイラル・カーペッツ”のドラマー、Craig Gill(クレイグ・ギル)氏。“インスパイラル・カーペッツ”はデビュー前のノエル・ギャラガーの憧れのバンドとしても知られています。バンドが人気絶頂だった80年代後半には、ノエルは、“インスパイラル・カーペッツ”のローディ(バンドの手伝いをするスタッフ)として働いていたこともあるのです。実は、ノエルが初めて日本を訪れたのは、“インスパイラル・カーペッツ”のジャパン・ツアーでのスタッフとしてでした。ノエルとリアムのギャラガー兄弟をよく知るクレイグさんから、どんな裏話が飛び出すか?ワクワクしながらツアーのスタートです。